瑛太が初の声優「楽しもうと」、「プレーンズ」の安全飛行祈願。

写真拡大

俳優の瑛太が10月31日、ディズニーの新作アニメ「プレーンズ」の大ヒット&安全飛行祈願イベントに出席した。

本作は、世界一周レースで優勝することを夢見る“高所恐怖症”の飛行機ダスティが、冒険を通して様々な仲間と出会い、困難を乗り越え、大きく成長していく姿が全世代の胸をうつ、感動のファンタジー・アドベンチャー・ムービー。瑛太はダスティ役で日本語吹替声優に初挑戦している。

この日、会場となった羽田神社は、航空ファンには言わずと知れた、航空会社からの崇敬も厚い飛行機の聖地。そんな人々の大空への願いが込められた場所に、“高所恐怖症”の農薬散布機ながら、無謀にも世界最速のレーサーを目指す主人公・ダスティと、その大きな夢に挑戦する勇気と誠実なひたむきさがピッタリということで、日本語吹替声優を演じることになった瑛太が登場した。

そして秋の快晴の下、本殿にて映画の大ヒットとダスティの安全飛行を祈願。オレンジ色のダスティのブローチを胸元に付けて登場した瑛太は「ダスティが世界中を安全に飛行できたら、そして世界中の航空事故が無くなるといいな」との気持ちを込め、祈願に臨んだ。

MCからディズニー映画の主人公という大役について聞かれると「プレッシャーはありましたが、幼い頃からディズニーを観て育ったので、今回キャスティングされた時、自分はラッキーだと思いました。思いっきり楽しもうとやりました」と、声優初挑戦の意気込みを語った。

実際の吹替え収録時には「監督にもうちょっと可愛く演じてみてと言われて、どう可愛くするかわかりませんでしたが、頑張ってやってみました」というエピソードを披露し、会場は和やかなムードに。自身の吹替版を観た感想につては「途中でダスティが悲しむシーンでは思わずうるっとしてしまいました」とダスティへの感情移入の思いも語った。

そして「もしご家族で一緒に観に行ったら、瑛太さんの声だと気付くでしょうか?」という問いかけには、「実は、収録の際にもらったダスティのぬいぐるみを子供にあげて“パパが声をやるんだよ”と言ったら、“いやいや、僕がやるんだよ”と言われてしまいました。私が吹替えを演じていることは理解していないかもしれません…」と微笑ましいエピソードを披露し、会場の笑いを誘った。

イベントの最後には、ダスティの夢が叶うように、そして本作の大ヒットとダスティの安全飛行の祈願を込めて、会場には特製ジャンボ・ダスティ絵馬が登場。瑛太が自身の名前を一筆入魂した。

感想を聞かれた瑛太は「作品の大ヒットを祈って書きました!」」と答えるなど、大空への願いが込められた場所にふさわしい、スケールの大きなイベントとなった。

映画「プレーンズ」は12月21日(土)、2D・3D同時公開。

☆「プレーンズ」ストーリー

農場で働く農薬散布機のダスティは、大空の世界一周レースで優勝するという“かなわぬ夢”を抱いていた。彼はスピードを競うために作られたレース用飛行機ではなく、おまけに高所恐怖症のため低空飛行しかできないのだ。それでも夢を諦められないダスティは、猛特訓と仲間のサポートによって世界一周レースへの出場権を手に入れる。トップ・レーサーたちが集結する中、様々なハンディを負ったダスティに勝ち目はあるのか?