ホステス大会に臨む宮里美香(撮影:ALBA)

写真拡大

<森永製菓ウイダーレディス 事前情報◇31日◇森永高滝カントリー倶楽部(6,445ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」が千葉県の森永高滝カントリー倶楽部を舞台に明日11日1日より3日間の日程で開催させる。今大会には主催の森永製菓株式会社とスポンサー契約を結ぶ宮里美香が出場。2度目の優勝をはたした「日本女子オープン」以来となる国内ツアー参戦となる。
G-VOICEで徹底討論!賞金王・女王は誰の手に?
 宮里は今週の月曜日に帰国。火曜日は休養にあて体調を整え、昨日はラウンドはせず練習のみの調整とし、この日はプロアマ戦に出場してラウンド。「体調はバッチリです」と米国女子ツアーでアジアを転戦した疲れをきっちり抜いてから今大会へ。コースについては「何も変わってないけど、アップダウンが激しいコースでグリーン周りのラフが注意するところですね」と話した。
 国内メジャーで2度勝ち「自分は変わってないですが、周りが変わりました。2回勝ってすごく評価してもらってるし、それは自信を持ってよいのかなと思っています」と周囲の評価はうなぎのぼり。必然的にこの大会でも活躍を期待されており、「今大会は求められるものが高いですね。優勝を期待されてると思うし、それができれば最高の恩返しになる」。しかし、「結果にこだわるのは難しいので、自分のゴルフが出来ればと思っています」と気持ちを空回りさせず、まずは自分の足元を見て堅実なプレーを心がける。
 女子オープンでは最終18番で約7メートルのバーディパットを沈め劇的な優勝。今季の女子ツアーで最も印象深いシーンのひとつだ。このホステス大会でギャラリーの心に残るプレーを見せ、おまけに“最高の恩返し”もできれば最高だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
美香、土壇場で決めて涙!ドタバタVに「お騒がせしました」
松山英樹、ガルシアらとのペアリングに「気にすることはない」
「WGC-HSBCチャンピオンズ」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング