26日放送のMBSラジオ「MBSヤングタウン土曜日」で、明石家さんまが来年3月に放送終了を迎えるバラエティ番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」(フジテレビ系)にまつわる裏事情を明かしている。

32年間続いた同番組「いいとも!」の終了は、22日に司会のタモリ自ら番組内で発表。視聴者を始め、レギュラー陣や多くの芸能人も終了を惜しむ声を上げている。

さんまは、長年レギュラーを勤めてきた関根勤ら出演者にも終了が知らされなかったことに触れ「田辺エージェンシーとフジテレビが(情報が漏れないように)ガッと囲んでたんでしょうけどね」と語り、タモリの所属事務所と番組側が配慮していたためとの考えを明かしている。

さんまは「いいとも!」終了を巡る、タモリ事務所とフジテレビの関係にも言及。「1年2年ぐらい前からずっと話し合ってはってたから『終わるんじゃないか』って予想してて」と説明し、以前から両者の間で交渉が続いていたことを明かしている。

また、さんまによれば、現在も「いいとも!」各出演者の事務所に対して「番組をやめる」理由についての説明はなされていないという。こういった状況を踏まえ、さんまは「そんなんで(田辺エージェンシーとフジテレビが)揉めてたんでしょうね」と自身の見解を語った。

敏感に番組終了を察知していたさんまだが、そんな複雑なやりとりの間にも、お笑い芸人として仕事のことを考えていたようだ。放送では「(「いいとも!」の)担当プロデューサーにヨイショしてきてたんですけど」とも語り、冗談交じりにタモリの「後釜」を狙っていたことを明かしている。25日にはスポーツ紙・東京スポーツが、さんまに対してインタビューを敢行。さんまが「来年4月から俺が(新番組を)やることはもう決まってんねん」と明言したと報じている。この言葉は、全くの冗談とは言い切れないかもしれない。

【関連記事】
爆笑問題・田中、「いいとも終了」についてタモリから謝罪を受けていた
さんま タモリの才能を称える「マイペース 引きずらないのがすごい」
「いいとも!」終了 出演者が知ったのはいつ?爆問事務所には放送2時間前に連絡
タモリが「笑っていいとも!」終了を宣言

【関連情報】
さんま明言「いいとも後番組、俺がやる」