ラグビー日本代表は11月2日に「オールブラックス」ことニュージーランド代表と激突する。東京・秩父宮ラグビー場で行なわれるこのゲームは、チケットが発売されるや即日完売となるなど、高い注目を集めている。

 現世界ランク1位のオールブラックスは、ラグビーを国技とするニュージーランドの象徴的存在だ。同15位の日本代表は、オールブラックスと過去4度対戦したが、いずれも大敗。特に、1995年の南アフリカワールドカップでは、17−145と歴史的大敗を喫した。このオールブラックスと戦った80分は、日本ラグビーの人気が低迷したきっかけとも言われている。

 しかし今回の日本代表は、そんな相手に胸を借りるつもりなど一切ない。本気で勝ちに行くのだ。その意気込みは、マッチメイクが正式に決まる前から現れていた。日本代表の面々が、オールブラックス戦の報せを知ったのは、春のツアーに参戦していた6月上旬だった。

「近く、正式に報道される。メディアや家族、友人には言わないように」

 最初、関係者にこう聞かされた時はピンと来なかった選手たちも、徐々に実感を高めることとなる。

 ハカ――オールブラックスの選手が試合前に行なう伝統的な儀式である。自分たちの力を誇示し、相手を威嚇する舞は迫力満点で、これに圧倒されてオールブラックスにペースを握られる国は少なくない。

 そして6月まで行なわれたツアー最終日のミーティングで、日本代表のエディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)は、このハカの映像を選手たちに見せた。11月に行なわれる大一番に向けて免疫をつけておくのが狙いで、夏から秋にかけて3回開かれた短期のキャンプでもハカの映像がミーティング開始の合図となった。

 メディアには、「すべてはハカから始まります。ハカのあと、我々が何をするか、楽しみにしていてください」と言うようになり、「この時期に大敗すれば、ラグビー人気復活に水を差すのでは?」という質問を受けると、「なぜ、そんな考えをするのですか。私は勝つことしか考えていません!」と一気にまくし立てた。

 ジョーンズHC率いる日本代表は、「世界一のフィットネスと、世界一のアタッキングラグビー」を目指している。豊富な運動量を支えに、ボールの供給源であるスクラムハーフと司令塔のスタンドオフの両脇に複数のランナーを置く「シェイプ(型)」を形成し、次々と連続攻撃を繰り出すのだ。

 そして今年7月に長野県菅平で行なわれた合宿でジョーンズHCは、選手をポジションごとにいくつかのグループに分け、オールブラックスの分析レポートを提出させた。普段、相手チームの分析は専門スタッフ主導で行なうが、ジョーンズHCは選手たちに当事者意識を植え付けたかった。

 秋の合宿で徹底したのは、「相手のバックスにタックルをさせる」ということだった。オールブラックスはフォワードに比べて、バックスのタックル成功率が低いと分析。そこで、相手のフォワードをもともとの立ち位置に釘付けにし、バックスへの援護をさせづらくするというのが狙いだ。

 その一環として、スクラムハーフの左右にフォワードの選手を固める「9シェイプ」に取り組んでいる。本来ならスクラムハーフからボールを受け取ったフォワードがそのまま相手にぶち当たるところ、パスで外に回す。スクラムハーフの日和佐篤(ひわさ・あつし)は次のように説明する。

「バックス対バックスで勝負するため、相手フォワードを(本来の)位置にストップさせる。そのためには(ジャパンのフォワードの)パスが必要じゃないかと」

 実は、昨秋、初めて敵地で欧州勢を破った時の遠征でも、この「フォワード同士のパス交換」を攻撃オプションに加えていた。スタンドオフやセンターを務める立川理道(たてかわ・はるみち)は言う。

「いかにバックスにハダカ(援護のない状態)でタックルさせるか。そこをコントロールするのが、9番(スクラムハーフ)と10番(スタンドオフ)。相手の嫌なとこを突いていきたい」

 だが、本番を間近に控え「打倒・オールブラックス」に誰よりも執念を燃やしていたジョーンズHCが脳梗塞で倒れ入院。直前練習および試合の指揮が執れなくなった。指揮官がいない上に、相手は世界1位の強豪国。それでも選手たちは前を向く。20歳のウイング・藤田慶和はこう意気込む。

「エディーさんのプランや攻め方を聞いてきて、すごく勝てる気がしてきました。(オールブラックス戦に向けて)いい準備ができていると思います」

 そして立川は「日本代表の力を試されるいい機会」と言い、こう続けた。

「どういう結果を求めてやるかが大事だと思う」

 日本代表の実力を世界に示すことができるか、注目だ。

向風見也●文 text by Mukai Fumiya