写真提供:マイナビニュース

写真拡大

太陽のマルシェ実行委員会は、「太陽のマルシェ」を11月9日・10日に、東京都中央区勝どきで開催する。

○10月開催時には約1万8,500人が来場

同イベントは、日本最大級規模の定期開催型マルシェ。10月開催時には109店舗が出店し、2日間で延べ約1万8,500 人が来場したという。

今回は、全国各地から集結した芋やキノコなどを扱う約100店舗が登場する。芋の専門店「種子島 永濱農園(YUME 百笑)」からは幻のさつまいも「種子島小町」が出店予定。また、「新津ファーム」からは、約12種類の希少な芋を出品する。厳選したキノコのみを販売する「うまみ庵」からは、約20種のキノコを出品予定。

室町時代から受け継がれる伝承野菜の里芋「甚五右ヱ門芋」は、「森の家」が販売。他にも、九州からは幻のキノコ「博多すぎたけ」を販売するなど、全国各地から希少な「芋&キノコ」が多数登場する。芋やキノコ以外にも、各種野菜やお茶、雑貨なども販売する。

第二会場の隅田川テラスでは、「自ら掘ったじゃがいもをキッチンカーで調理する」イベントを実施。キッチンカーを配置し、飲食を楽しめるスペースも提供する。

同イベントの会場は、第一会場が月島第二児童公園(中央区勝どき1-11-4)、第二会場が隅田川テラス(中央区勝どき3-1)。時間は10:00〜16:00。

(フォルサ)