生命と文化をつなぐ「コメ」の企画展 2月から開催決定

写真拡大

 21_21 DESIGN SIGHTで、企画展「コメ展」が開催される。激変する地球環境やライフスタイルに合わせ主食としてのコメの位置付けも揺らぐなか、日本人の暮らしに身近で日々の生活に欠かせないものとなっているコメに焦点を当てた展覧会。会期は2014年2月28日から6月15日まで。

「コメ」に焦点を当てた企画展開催への画像を拡大

 「コメ展」は、コメを中心とした食文化を深めつつ稲作の歴史とともに様々な文化が発展してきた日本で、人々が食としてのコメ以外の姿をどれほど知っているのだろうかという主旨で開かれる。「まったくのいきもの、まったくの精巧な機械」という宮沢賢治の言葉にあるように、日本人の生命と文化を繋ぐコメを新鮮な目で見つめ直し、社会全体で引き受けるべき大きな課題としてその未来像を来場者とともに考えていくという。同展は、21_21 DESIGN SIGHTのディレクターやグラフィックデザイナーとして活躍する佐藤卓と文化人類学者の竹村真一が展覧会ディレクターを務める。

■21_21 DESIGN SIGHT 企画展「コメ展」
 会期:2014年2月28日(金)〜6月15日(日)
 休館日:火曜日(4月29日、5月6日は開館)
 開館時間:11:00〜20:00 ※入場は19:30まで
 入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
 会場:21_21 DESIGN SIGHT (東京ミッドタウン・ガーデン内)
 主催:21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
 展覧会ディレクター:佐藤 卓、竹村真一
 企画協力:奥村文絵、宮崎光弘(AXIS)
 展覧会グラフィック:佐藤卓デザイン事務所
 展覧会写真:西部裕介
 展覧会映像:山中有
 http://www.2121designsight.jp/