クリックで

写真拡大

ついにNTTドコモからiPhoneが発売された。ますます注目が集まるiPhoneだが、ユーザーにとって頭が痛いのが「料金」だ。ガラケー時代は、無料通話&通信がパックになったサービスを選択できたが、スマホにはそれがない。今、iPhoneを最安で使うにはどうしたらいいのだろうか。

ガラケーから仕組み一変でスマホの利用料は割高に、
数千円のパケット定額に加入せざるを得ない理由とは

 iPhoneはじめスマホの契約には、無料通話&通信がない。通話は基本料金+従量制に、データ通信は月数千円のフラット型のパケット定額サービスを選ぶしかない状況で、今でも安いパケットサービスはあるが、それらを選ぶと結果的に割高になるように仕組まれているのが実態だ。

 その理由が「本体割引」。「月々サポート」「毎月割」「月月割」と名称は異なるが、要はスマホ本体の購入費を2年間、使用料から割り引く形で支援するものだ。店頭で「iPhone5s・5cが実質0円」というのをよく見るが、それは2年間この割引の適用を受ければ、本体購入価格とトントンになる、という意味である(表参照)。

 ただし本体割引を受けるには条件がある。新規購入のスマホであること、2年間契約をすること、そして、数千円のパケット定額サービスを契約すること。つまり、安いパケットサービスだと割引が受けられないことになっているのだ。

 iPhone5sや5cをはじめ、中古や本体価格がよほど安い機種を選ばない限り、数千円のパケットサービスを選び、本体割引を受けたほうが安くなるというわけだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)