『人間の性はなぜ奇妙に進化したのか』

写真拡大

原題は『Why Is Sex Fun?』(なぜセックスは楽しいのか)。刺激的なタイトルなため、このままの書名ならば、書店のレジに持ち込むのがちょっとはばかられるところだが、中身は至ってマジメな自然科学の本である(著者は『銃・病原菌・鉄』でピュリッツァー賞を受賞したジャレド・ダイアモンド)。

『人間の性はなぜ奇妙に進化したのか』(長谷川寿一訳、草思社文庫)。主に進化生物学の知見を基に、人間の性がどのようにして現在の形になったのかを解き明かしたものだ。1999年に単行本として刊行されたが(その際の書名は原題どおり)、今年、女性や中高生にも手にとってもらえるよう改題し、文庫化された。たまには仕事に無関係な本をと思いつつ、新刊書をひやかしていたら、「まわりから隠れてセックスそのものを楽しむ――これって人間だけだった!?」という帯に誘われて、手に取った。Hな満足は得られないが、知的好奇心は十分満たされる本だ。

他の動物と比べ、とても風変わり

「吾輩は猫である」ではないが、本書は、冒頭、飼い犬の述懐で始まる。

「あの気色悪い人間たちときたら、月のどの日でも(妊娠の可能性がないとわかりきっているときでも)セックスをするんです」、「飼い主の母親は何年も前に閉経とやらを迎えていて、もう妊娠することはできないのに、まだセックスを求めていて、夫はそれに応えているんです。何という無駄でしょう」、「(人間たちは)寝室のドアを閉め、二人きりでセックスをするんです。友人たちの前ではしないんです。自尊心の強い私たち犬とは大違いです」

本書によれば、地球上の約4300種のほ乳動物の標準からみれば、人間の性的特徴は極めて特異だという。

・男と女が家族(つがい)を形成し、共に子どもを育てる。
⇒ほ乳類の多くは、オスとメスが出会うのは交尾のときだけで、オスは子育てをしない。

・周囲から排卵が確認できず、繁殖以外の目的でセックスをする。
⇒多くの動物は、外から匂いや視覚で排卵が確認でき、イルカ等の少数の例外を除き、繁殖時期にしか交尾をしない。

・人目を避けてセックスをする。
⇒大部分のほ乳類は、群れのメンバーの見ている前で交尾をする。

・ヒトの女性には閉経がある。
⇒大多数のほ乳類は、死ぬ瞬間まで受胎可能か、加齢とともに徐々に繁殖能力が衰えるかのいずれか。

人間にとって、アタリマエのことが、動物世界では、決して、アタリマエではないのである。

「型破り」であることには、進化上の理由がある

興味深いことに、こうした人間のアブノーマルな性的特徴は、いずれも進化の過程で生じてきた。つまり、ヒトにとって、その生存や種の維持に有利に作用するような形で、性の形が変化してきたのだという。その一例を挙げると……

ほ乳類の場合、体外受精の魚などと異なり、長期の妊娠期間を要するほか、出産後も授乳等のため、メスは長期にわたり子育てから離れることができない。他方、オスは、こうした拘束がなく、また、メスから生まれた子が、本当に、自分の子であるとの確信を持てないこともあって、交尾後、別のメスに移っていくことが一般的だという。

これに対し、ヒトの場合には、子の養育に時間がかかることから、母親のみで、必要な栄養を確保し、子を守ることは難しい。特に、狩猟採集時代には、片親のみでは生存すらできなかった。こうした事情もあって、種を残すという共同利益のために、男と女が家族を形成するようになったという。しかも、繁殖以外の目的で、楽しみのためにセックスすることも、一夫一妻が基本となっていることも、こうした事情が反映されているのだそうだ。

新たな生殖技術が普及する中、我々の性はどう進化していくのか

本書では、このほか、(1)男は生理学的には乳汁分泌が可能なのに、なぜ、その能力が発達しなかったのか、(2)なぜ、人間の女性の排卵は外部から分からないようになった(隠蔽された)のか、(3)なぜ、人間の女性には閉経があって、男性にはこうした生殖機能の停止現象はないのか、(4)なぜ、ヒトのペニスは祖先に比べて大きくなったのかなど、性をめぐる進化の謎が、解説されている。

ページをめくりながら、「進化」のインパクトに驚かされるとともに、今も、我々の性が進化の途上にあることに気付かされる。体外受精の普及、代理母、遺伝子による出生前診断など、日々、新たな生殖技術が広がり、ヒトの受精、妊娠、出産の有り様が変わっていく中で、この先、ヒトの性の形はどうなっていくのだろうか。興味半分、心配半分である。

厚生労働省(課長級)JOJO

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。