写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東急不動産SCマネジメントが運営管理する「あべのキューズモール」は11月1日から、光の装飾「キューズ・キラキラ-ナ」を設置点灯する。

○人気の「ビッグスノードーム」は装いを一新

同施設開業以来3度目のクリスマスシーズンを迎える今年は、昨年初めて設置した「ビッグスノードーム」に新演出を施す。館内各所に設置した光の装飾と合わせて、隣接する「ViaあべのWalk」などとともにアベノの街を盛り上げるという。

同施設の2階アーバンアベニューに設置される、「ビッグスノードーム」は、高さ約4m、直径約4.5mの、雪が降り注ぐドーム。中に入ることができ、外を見ればクリスマス風景を楽しむことができる。今年は、内部のツリーのイルミネーションがリズミカルに点滅するなど装いを一新。ドーム上部から降る雪はより自然な降り方となって、昨年以上の"雪景色"を楽しめるという。

このほか、同アトラクションに隣接して、高さ約4mのクリスマスツリー、「光のツリー」を設置。また、4階ガーデンエリアにはガーデニング風イルミネーション装飾の「光の庭」を、1階あべの筋沿いには「イルミネーションのエントランス」を演出する。

同施設の所在地は、大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1。イルミネーションの実施期間は、11月1日〜2014年2月末頃。「スノードーム」と「光のツリー」は12月25日までとなる。点灯時間は11月30日までが17時〜23時。12月1日〜25日は10時〜23時となる。「スノードーム」内への入場時間・受付については別途同施設のWEBサイトに掲載するとしている。

○尼崎と箕面のキューズモールでもイルミネーションを実施

同社が運営する兵庫県尼崎市の「あまがさきキューズモール」では、11月9日〜12月25日の17時〜23時に、大阪府箕面市の「みのおキューズモール」は、同期間の16時30分〜22時30分にイルミネーションを実施する。

(エボル)