写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デザインフェスタオフィスは11月2日・3日、東京ビッグサイト西ホールにてアートイベント「デザインフェスタvol.38」を開催する。

○世界18か国、11,000名のアーティストが集結する"アートのお祭り"

同イベントは、19年前より始まった、国内初のジャンル制限を設けないアートイベント。今回で38回目の開催となる。出展者は、プロ・アマ含め、子供から70代までの約11,000名。絵画・イラスト・雑貨・アクセサリー・工芸品など、多種多様なジャンルの作品が集結する。

会場は、3,452ブースでの展示・販売を中心に、ライブステージ、ショースペース、シアターなどパフォーマンスに特化したエリアも設置。レストランエリアでは22店が出店し、世界の料理が楽しめる。出展者、参加者ともに外国人が多いことも大きな特徴の1つで、今回は世界18か国からアーティストが出展するという。

また今回は、西ホール4階屋上エリアを「アートパーク」として開放。ケータリングカーやパフォーマーを集結させ、公園のような空間とした。さらに1階アトリウムにはライブペイントブースを増設し、様々なアーティストによる臨場感あふれる創作を間近で体感できる。

開催日時は、11月2日〜3日 11時〜19時。入場料は、前売800 円/1日・1,500円/両日、当日1,000円/1日・1,800円/両日。会場は、東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西ホール全館(東京都江東区有明3-11-1)。その他、詳細は同イベントWebサイトを参照のこと。

(エボル)