ユニクロ「UT」初のクリエイティブ・ディレクターにNIGOが就任

写真拡大

 ユニクロのTシャツブランド「UT(ユーティー)」のクリエイティブ・ディレクターに、NIGO(ニゴー)が就任した。2014年春夏シーズンから、「UT」ブランドのメンズとウィメンズ、そしてキッズの商品を刷新。12月から順次店頭展開が予定されている。

ユニクロUT初のクリエイティブ・ディレクターにNIGOが就任の画像を拡大

 ユニクロは、「A BATHING APE (R)(ア ベイシング エイプ (R))」創業者でストリートファッション界の先駆者でもあるNIGOの起用について、「これまでUTは様々なカルチャーをTシャツに乗せて、グラフィックTのスタンダードを目指してきた。NIGOは多種多様なポップカルチャーに造詣が深く、時代を築きあげてきたことから起用に至った」(ユニクロ・広報)とコメント。商品開発からディレクションに関わり、商品はワールドワイドに展開される予定だという。

 NIGOは、今年5月に「A BATHING APE (R)」のクリエイティブ・ディレクターを退任したことを発表。現在は自身のブランド「HUMAN MADE(ヒューマン メイド)」のディレクションやヒップホップグループTERIYAKI BOYZ(R)(テリヤキ・ボーイズ)のプロデューサーを務めるなど、多方面で活動している。