写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本航空(以下、JAL)は、「JAL NEW SKY PROJECT」の一環として、2014年5月(予定)に国内線の機内インテリアを全面刷新する。また、夏からは国内線では初めて機内インターネットも導入する。

○機内照明は「空気のような照明」

国内線では、「上質な移動空間」をテーマに全クラス本革仕様のシートとLED照明を採用。また、カーペットもリニューアルし、機内インテリア全体をカラーコーディネートする。

普通席には新型スリムシートを導入し、足元スペース(ひざ回り)を現行より最大5センチも拡大させた。座ったときに安定できるよう、クッション形状にも工夫を凝らしている。座席重量を軽量化したことで、消費燃料の削減も実現できるという。クラスJ座席のシートも、同様に本革仕様のシートに変更している。

機内照明は「空気のような照明」をコンセプトに、フライト中の時間や季節に応じた機内照明環境を演出。日々の移ろい「日中」では機内照明は淡いブルーに、季節の移ろい「春」ではピンクに照明が変化する。

機内インテリアを刷新する対象機は、国内線ボーイング777−200/300型機、国内線ボーイング767−300/300ER型機、国内線ボーイング737−800型機。合計77機を予定している。

○国内線初の機内インターネット

また、2014年夏からはgogo社の衛星接続サービスを利用した、日本の国内線で初となる機内インターネット サービス(有料)を開始。機内で搭乗者自身の各種端末(Wi‐fi 機能装備)から、メールの利用やインターネット閲覧などが可能になる。

対象機は国内線のボーイング777−200/-300型機、ボーイング767−300/-300ER型機、ボーイング737−800型機の合計77機(予定)。

(フォルサ)