バカラ初のディズニーフィギュア

写真拡大

クリスタルガラス製品の高級ブランド、仏バカラは、東京ディズニーランド開業30周年を祝うイベントが続いている東京ディズニーリゾートで、クリスタルのミッキーマウスを販売すると発表した。バカラがディズニーキャラクターのフィギュアを制作するのは初めて。販売は2013年11月1日から。価格は7万円で、1000個限定の生産。

ディズニーギャラリーとエンポーリオで販売

「バカラ クリスタル・ミッキー」は、"30周年のコスチューム"をまとい、晴れやかな表情で両手を大きく広げたポーズをとり、見る人の心をなごませてくれる。高さ100ミリ、重さは約196グラム。

東京ディズニーリゾートは、4月15日から2014年3月20日まで、東京ディズニーランド開業30周年を記念した「ザ・ハピネス・イヤー」のイベントを展開中。一方、バカラは14年に、1764年に当時の国王ルイ15世に許されて創立してから、250周年を迎える。「バカラクリスタルの正統性、素材が持つ比類なき輝きと深い透明感が放つきらめきは、東京ディズニーリゾートと同じマジカルな美しさに満ちている」。そして、クリスタル・ミッキーは「手に取る全てのゲストを魅了し、これからも永遠に続くディズニーの魔法のように輝き続けるでしょう」という。

東京ディズニーランドではディズニーギャラリーで、東京ディズニーシ―ではエンポーリオで販売される。