伊勢丹のタータン一新 大西社長「エレガントで落ち着いた柄に」

写真拡大

 伊勢丹が10月30日、1958年より愛用されてきたショッピングバッグのタータン柄をリニューアルする。新タータンの導入に合わせて、伊勢丹新宿店の1階=ザ・ステージでは約20以上のブランドが新タータンとコラボレーションしたイベント「ISETAN TARTAN ワタシノタカラバコ」を開催。また、本日より11月12日まで、矢野顕子が伊勢丹のオフィシャルソングとして書き下ろした楽曲「ISETAN‐TAN‐TAN」が館内のBGMとして使用される。

本日から伊勢丹のタータン一新の画像を拡大

 伊勢丹は2012年秋にスコットランド・タータン協会が主催する「タータン・アワード」のパッケージ部門で世界で初めて受賞したことを機に、タータン柄の見直しを決定。昨年長年親しまれてきた「マクミラン/ アンシェント」の色と柄をアレンジしたタータンから、オリジナルのタータン「マクミラン / イセタン」に変更し、全世界のタータンを一括統制するスコットランドの「スコットランド タータン登記所」に正規登録した。同社が、ショッピングバッグの柄を変更するのは約55年ぶり。開店前に開催されたセレモニーに出席した三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長の大西洋氏は、「ファッションの伊勢丹としてのタータンが高く評価されたことは大変光栄。伊勢丹のDNAでもあるタータンを進化させる事で新しい価値を提供したい」とコメント。スコットランド発祥のより伝統的タータン柄に近づけたという「マクミラン / イセタン」に「以前の柄より色合いが少し暗く見えるかもしれません。しかし、一色一色は従来より明るく、エレガントで落ち着いた柄になりました」と話した。

 「ISETAN TARTAN ワタシノタカラバコ」では、「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」や「MACKINTOSH(マッキントッシュ)」、「my panda(マイパンダ)」などのブランドをはじめ、万華鏡やルービックキューブまで、「マクミラン / イセタン」とコラボレーションした様々な限定品を展開。伊勢丹新宿店で10月30日から11月5日までの期間限定で発売される。一部アイテムはジェイアール京都伊勢丹、JR大阪三越伊勢丹、新潟伊勢丹の店舗でも取り扱われる予定だ。