写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ピーナッツをはじめ、北米ではあらゆるナッツ類にアレルギーを持つ人が多いのが現状。そこで、職場や学校など公共の場にもちこむ食べ物は「nut free(ナットフリー)」つまりナッツ類を含まないというのがお約束となります。スーパーなどで売っている食品にも、ピーナッツの絵に赤い斜め線の入ったナットフリーアイコンのある製品がいろいろありますので、注意して選びましょう。

英会話スクール通いが難しい方へ

24時間予約不要のオンライン英会話だから、続けられる。まずは無料体験。