ハーマンミラー 新作ワークチェア「ミラ 2 チェア」発表

写真拡大

 ハーマンミラージャパンが、新作のワークチェア「ミラ 2 チェア(Mirra 2 Chair)」を「ハーマンミラーストア東京」で発表した。前身の「ミラ チェア」を進化させたシリーズ2作目となる商品で、デザインは引き続きベルリンのデザイン集団「スタジオ7.5」が担当。来年2月の発売を予定している。

ハーマンミラーが「ミラ 2 チェア」発売の画像を拡大

 新作の「ミラ 2 チェア」は、 一人で行う仕事から共同作業を行う職場のニーズに応えるために開発されたチェア。 座る人と一体となって動くデザインが特徴で、成型ポリマーと高機能ウェアに用いられている「バタフライバックTM」を使用することで通気性にも配慮されている。ハーマンミラージャパンの代表取締役社長の松崎勉が「前作のアップグレード商品」と語るように、「ミラ チェア」より約4.5kgの軽量化され、リサイクルされたアルミニウムを使用することで二酸化炭素排出量も25%削減した。

 米国の家具メーカーHerman Miller(ハーマンミラー)は「デザインとは問題を解決するためにある」という考えのもと、モダンデザインの家具を販売。これまでアレキサンダー・ジラードやイサム・ノグチなどの著名デザイナーとパートナシップを結び、機能性とデザイン性を追求した商品を開発している。