江戸時代にタイムスリップ!?羽生パーキングエリアに「鬼平犯科帳」の世界が出現

写真拡大

今、サービスエリア&パーキングエリアが楽しい!NEXCO東日本は、東北自動車道(上り線)羽生パーキングエリア(PA)に、「鬼平江戸処」を12月19日午前10時にオープンする。

このプロジェクトは、時代小説「鬼平犯科帳」の作者・故池波正太郎氏の生誕90周年にあたり実現を目指すもので、小説の主人公である鬼平こと長谷川平蔵宣以(のぶため)が生まれた1745年から、江戸の町人文化が隆盛を極めた文化・文政年間(1804年〜1829年)に焦点をあて、建物から小物に至るまで、“本物”にこだわった江戸の空気感あふれる空間を演出する。

食事処(フードコート)では、江戸の味を今に伝える老舗や名店の味はもちろん、江戸の庶民に親しまれた食材を使った丼ぶり、串ものなど、鬼平犯科帳に登場する軍鶏料理屋「五鉄」を再現した飲食スペースでどうぞ!

また、両国広小路のにぎわいを演出した一角にある売店では、江戸を感じさせる数々の土産を取りそろえる。従業員の所作やどこからか聞こえてくる物売りの声などの演出にも江戸のエッセンスを散りばめており、あたかも江戸時代にタイムスリップしたような体験が待ち受ける!?

現代の高速道路に突如として出現する、古き良き江戸情緒。ドライブ中の休憩スポットとしてだけではなく、目的地の1つとしても楽しいかもしれない。詳しくはこちら(http://oniheiedodokoro.driveplaza.com/)で見ることができる。