写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●基本的な要素は「大局観」と「読み」の2つ

11月2日から4日にかけて、「将棋電王トーナメント」が東京・中央区の歌舞伎座タワーにて開催される。将棋の強さを競う大会なのだが、普通の大会ではない。というのも、戦うのは人間ではなくコンピュータなのだ。優勝ソフトは「電王」の称号を手にし、上位5ソフトは来春に行われるプロ棋士とコンピュータとの団体戦、「第3回 電王戦」への出場権を得る。さらに贈られる賞金も大きな魅力。当日は3日間、大会の模様がニコニコ生放送で中継される。

昨年大きな話題になった電王戦、そのコンピュータ側の布陣を決める重要な大会だ。将棋ファンなら「プロ棋士の対戦相手はどんなやつなのか」と興味を覚えるだろうし、よりコアなコンピュータ将棋ファンは「どんな将棋が見られるのか楽しみ!」と当日までの日数を指折り数えていることだろう。もちろん、「最近よく『将棋』と『コンピュータ』が話題になるけれど、実はよくわからない」といった方も多いはず。そこで今回は、将棋電王トーナメントをより楽しむために、知っておくと得をする知識などを紹介していきたい。

○コンピュータ将棋のしくみ

人間が将棋を指すときの基本的な要素には、「大局観」と「読み」の2つがある。大局観は全体の情勢を把握する能力のこと。読みは「自分がこうする、すると相手はこうする、そうしたら自分はこうする……」と頭の中で展開を進めていくことである。

かの有名なマルバツゲーム(三目並べ)でいえば、「最初は真ん中に置くとよさそう」と考える時には大局観が働いている。「相手のマークが2つ並んでいる。防がないと負けてしまう」では読みが働いている、ということになる。

この大局観と読みに相当するものがコンピュータ将棋にもあり、それが「評価関数」と「探索」だ。評価関数は、ある局面でどちらがどれくらいよいのかを点数化するもの。「第2回 将棋電王戦」や「電王戦タッグマッチ」を思い出していただけるなら、スコアボードよろしく画面上に表示されていた数字が頭に浮かんでくるだろう。この数字をはじき出す評価関数には、駒の価値(歩は低い、飛車は高い、など)といった基本的なものから、どの駒がどこに動けるか、駒がそれぞれどう配置されているかなど、実にさまざまな評価が重ねあわされている。見る側のポイントとしては、ソフトごとの違いが比較的大きく、それぞれの個性が出る分野と覚えておくといいだろう。

次に探索だが、こちらは局面に現れる選択肢を効率よく探っていくことがテーマになる。先ほど出した例のマルバツゲームではごく小さな範囲を考えればよく、「後攻になって真ん中を制されたら、斜めを取るべし」という鉄則も、何通りか試せば納得できるくらいだ。ところが将棋では選択肢の数の多さが膨大すぎるため、しらみつぶしではとても先に進めない。そこで、無駄になる(と思われる)選択肢へは進まない工夫が施されている。

以上、ざっとではあるが評価関数と探索について触れてみた。とにかく、人間でいうところの大局観と読みに相当するものと覚えておけば、こうした言葉が出てきたときにも必要以上に身構えることはなくなるはずだ。……続きを読む

●現在のコンピュータはどれほど強いのか?

○コンピュータの得手不得手

現在のコンピュータはどれほど強いのか? この問いに対しては、「第2回 電王戦」でコンピュータがプロ棋士に勝ち越したことがひとつの答えを与えてくれる。コンピュータ将棋は1974年から開発が始まっているが、当初の強さがアマチュア初段にも遠く及ばなかったことを考えると、隔世の感がある。現在は並の強さでないことは確かだが、まだ課題が多く残されていることも事実。というわけで、ここからは「苦手」をテーマにした2つのトピックから、コンピュータ将棋について見てみたい。

コンピュータは「読みが速い」とよく言われる。現在のコンピュータ将棋は1秒間に数百万局面以上を探索することができる。「第2回 電王戦」で大将を務めた「GPS将棋」にいたっては、その速さは秒間3億局面にも達することがあるほど。この数字だけを見ると、人間にはとても勝ち目がないように思えてしまう。実際、目指すべきゴールが明確な状況、つまり王手の連続で相手の玉(王様のこと)を捕まえるといった条件では、人間では到底太刀打ちできないのが現状だ。しかし、ここからが誤解されやすいところなのだが、1秒間に数百万局面を探索するからといって、数百手先が読めるわけではない。どういうことかなのか?

将棋は1つの局面にある選択肢(指せる手)の平均が80と言われている。大ざっぱに言えば、80通りの手を読めれば1手先が把握できるということだ。2手先になると、自分の指した手それぞれに相手の手が80通りあるから、80×80=6400通りを読む必要がある。では3手先は……少し電卓をはじいてみると、すぐに天文学的な数字が出てくる。いくら時間をかけても10手先なんてとても無理、ということがわかるはず。実際はもっと効率はいいのだが、それでも本質的に深く読むことが大変であることに変わりはない。現在はトップクラスのコンピュータ将棋で対局中に20手から30手ほどの深さを読むが、それがいかに工夫を重ねた成果であるかがわかるだろう。

もうひとつの例は評価関数から取り上げよう。評価関数には、大量のプロの棋譜(将棋の対局を記録したもの)を手本にしてコンピュータ自身に調整させるという手法をとることで、飛躍的に進歩したという経緯がある。これは反面、プロの実戦で現れにくい局面の評価がとても苦手ということにつながる。最も顕著なのは「入玉(自分の王様が相手陣に入ること)」で、「第2回 電王戦」では「Puella α(プエラアルファ)」が入玉は果たしたものの、その後は途端に指し手がボロボロになってしまった、という例があった。人間は展開が入玉含みになると価値観を切り替えて指すことができるが、コンピュータはうまく対応できないのが現状だ。

以上、2つのトピックを取り上げてみた。コンピュータが強い強いと騒がれているが、決して完全無欠の存在ではない、ということを強調しておきたい。「こんな一面もあるんだ」という発見の一助になれば幸いだ。……続きを読む

●番狂わせは起こるか? 一発勝負のスリル――トーナメントの展望

○注目の強豪ソフトはこれだ!

さて、それでは「将棋電王トーナメント」に出場する注目ソフトを見ていくことにしよう。電王戦公式サイトには参加ソフトと開発者のプロフィールがアップされているので、詳しく知りたい人は公式サイトをご覧いただきたい。なお、今回は事前に性能が統一されたマシンが用意されるため、最近よく見られるようなたくさんのパソコンをつないでハードウェアの性能を上げる、ということはできなくなった。まずは、「第2回 電王戦」に出場したソフトから。「世界コンピュータ将棋選手権」(以下選手権)でも上位にランクインする強豪がそろっている。

ponanza(ポナンザ):後述のBonanzaをリスペクトしての命名。高速化のためにさまざまな手法が施されていることが特徴で、他の強豪ソフトと比較するとじっくりした展開で強みを発揮する棋風。第23回選手権2位。「第2回 将棋電王戦」では佐藤慎一四段と対戦し、史上初の「現役プロ棋士に勝ったソフト」となった。将棋対戦アプリ「将棋ウォーズ」では強敵として、またお助け機能「棋神」として活躍中。開発者の山本一成氏は自身もアマチュア高段の実力を持つ。明るい性格で、コンピュータ将棋界のムードメーカー的役割を担っている。今回は「Blunder(ブランダー)」の開発者である下山晃氏とタッグを組んでの挑戦。山本氏曰く、「ponanzaのバグをたくさん発見してもらいました」とのこと。

習甦(しゅうそ):名前には「羽生善治三冠から白星を積み上げたい」という思いが込められている。駒の利きを重視した評価関数を持ち、安定感だけでなく、決めに出たときの切れ味にも定評がある。目標は人間を超える大局観を得ること。第20回選手権2位、第21回3位。「第2回 電王戦」では阿部光瑠四段と対戦、プロの受けの強さの前に敗れた。開発者は竹内章氏。憂いを帯びた表情が印象的。電王戦では和服姿で対局に臨み、凛々しい姿が話題になった。

ツツカナ:名前の由来は時計の部品から。どの程度深く読むかについて、プロの棋譜を用いて調整している点が特徴。現代将棋では堅さと遠さを兼ね備えた「穴熊」がもてはやされているが、ツツカナはこれを好まない。第22回選手権3位。選手権への参加は第20回からと経験は浅いが、めきめきと力をつけ頭角を現した。開発者は一丸貴則氏。シャイな性格で人前は少し苦手。ニコニコ動画では「103(いちまるさん)」の愛称で親しまれている。

次は、電王戦出場経験こそないものの、今年の選手権で優勝したBonanzaだ。

Bonanza(ボナンザ):探索、評価関数の両面でコンピュータ将棋界に革命をもたらした。特にプロの棋譜を用いて評価関数を調整する手法は「ボナンザメソッド」と呼ばれ、今日のコンピュータ将棋におけるスタンダードとなっている。当初は過激な攻めで知られたが、現在はバランスのとれた棋風。2006年、第16回選手権に初参加で優勝。非力なノートパソコンでの優勝は大きなインパクトを与えた。2007年には渡辺明竜王と対局、敗れたものの好勝負を演じその実力を知らしめる。選手権はその後第18回3位、第21回2位、第23回優勝。開発者は保木邦仁氏。「保木スマイル」とピースサインがトレードマーク

今回は、「第2回 電王戦」に出場した「GPS将棋」と「Puella α」、選手権優勝4回の実績を持つ「激指(げきさし)」が出場しない。優勝候補最有力は以上の4ソフトに絞られたと言っていいだろう。残る1枠を争うのは、過去の選手権の実績から考えると「YSS」、「Apery(エイプリー)」、「Selene(セレーネ)」あたりになると予想する。

○一発勝負の怖さ、そして電王戦へ

最後に、トーナメントの戦いのポイントをponanza開発者の山本氏に聞いてみた。今回は最初に予選リーグがあり、成績上位のソフトはトーナメントの各山に離れてのエントリーとなる。強豪ソフトが早い段階で潰し合わない仕組みになっている分、実力通りの結果になるのではないかと予想をぶつけた。

すると「トーナメントは一発勝負なのでわからない面があります」と山本氏。強豪ソフトとやや力の落ちるソフトが当たった場合、強豪ソフトの勝率は7〜8割ほど。つまり2〜3割は敗れる可能性があり、「番狂わせ」もあり得る、というわけだ。

冒頭にも書いたとおり、今回のトーナメントは「第3回 電王戦」の出場権を懸けた戦いになるが、入賞したソフトは終了から1週間で対プロ用の調整を完成させる必要がある。統一ハードの使用、調整期間の制限と、コンピュータ側は昨年に比べ厳しい条件で戦いに挑む。それがどのような結果を生むのかはまだわからない。まずはコンピュータ同士の決戦がどうなるのか、その先にある決戦を想像しつつ楽しむことにしよう。

(鈴岡圭)