チャートを見るだけで株で大儲け! 株の底値を見つけて下値切り上げを待て!

写真拡大

株の難しさは銘柄選びにあるが、それ以上に重要なのが買いタイミングだ。どんなにいい銘柄でも高値掴みをしてしまったら意味がない。そこで、今回は高値掴みどころか、大底で買って大儲けが狙えるチャート術を教えよう。

10年チャートを見ることで
その銘柄の真の底値がわかる!

 「そろそろ底打ちすると思って買ったら底割れして……」というボヤキをよく耳にする。何となく株価が安くなったことで、値ごろ感から株を買ってしまう個人投資家にありがちな失敗だ。同じ轍を踏みたくなければ、長期チャートを振り返ってその銘柄の値動きを確認しよう。

 すべての銘柄で通用するわけではないが、10年程度のチャートを振り返ると、その銘柄の真の底値が確認できることがある。株のチャート分析に詳しいインベストラスト代表の福永博之さんは次のように話す。

 「例えば図の三菱重工の場合、チャートを見ればわかるように300円割れはこの銘柄の安値といっていいでしょう。この価格帯で拾えれば、毎回リターンを享受できています。買いのチャンスとしては、日経平均が暴落したときなどに一緒に連れ安したときになります」

 もちろん急な業績悪化などに注意は必要だが、この方法なら複雑な分析は不要で、過去の安値である買いゾーンまで下がるのをひたすら待てばOK。ただ長期チャートを眺めるだけで、買いのポイントがわかるのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)