写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都新宿区の早稲田大学で、同校の学園祭「早稲田祭2013」が開催される。開催日は11月2日〜3日。

○数多くの参加団体が渾身のパフォーマンスを披露

同祭りは、早稲田大学で年1回行われる"早稲田文化"の祭典。今年度のテーマは「本気であれ。早稲田らしくあれ」で、「早稲田らしく、泥臭く、何事にも本気で取り組む早大生の姿や想いが溢れる早稲田祭にしたい」という想いが込められているとのこと。

期間中には、来場者を交えた開幕へのカウントダウンや、参加団体のコラボレーションによるパフォーマンスが楽しめる「Opening Festival」(2日10時〜10時20分)が行われる予定。また、数多くの参加団体による渾身のパフォーマンスを見られる「Ending Festival」(3日18時45分〜19時30分)も実施。

そのほか、地方にまつわるクイズを出題する「都道府県クイズ アタック47」(2日11時30分〜12時30分)、名門体育部の選手が集結する「生出演! 早大体育各部!」(2日14時30分〜15時30分)、エンターテイメント性を有する分野で活躍する早大生が、自らの得意分野におけるパフォーマンスで競い合う「早大生エンタメアワード」(2日15時〜16時30分)などを予定している。

さらに、教育学部で教員免許取得を目指している早大生が受験生向けの模擬授業を行う「世界一受けたい早大生の授業」(3日14時30分〜17時)や、参加団体や校友など総勢750人が、それぞれテーマの違った8つの隊列にわかれてパレードを行う「早稲田大行進」(3日夕方)なども開催されるとのこと。

(OFFICE-SANGA)