キアヌ・リーブスが来日するのは2008年以来約5年ぶり!/[c]Universal Pictures

写真拡大

キアヌ・リーブスをはじめ、真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウ、赤西仁といった超豪華キャストが集結していることで話題の映画『47RONIN』(12月6日公開)。本作のプロモーションのため、キアヌが約5年ぶりに来日することが決定し、また日本がワールドプレミア開催地となることが明らかになった。

【写真を見る】サムライスピリットを注入されたキアヌが大暴れ!/[c]Universal Pictures

「忠臣蔵」をベースにしながら、新たなイマジネーションとCG映像によって壮大なスケールの3Dアクション超大作に仕上がっている本作。キアヌは素性不明の混血のRONIN・カイに扮し、真田広之演じるサムライ大石たちと共に、巨大な悪に立ち向かう。悪役には浅野忠信、菊地凛子が扮するほか、カイと禁断の恋に落ちるヒロインのミカ役を、今作がハリウッドデビューとなる柴咲コウが好演。さらに若きサムライ役として赤西仁も出演している。

キアヌ・リーブスと、本作のメガホンをとったカール・リンシュ監督、そして日本のキャスト陣は、11月18日(月)の記者会見と、19日(火)に開催されるワールドプレミアに参加予定。「忠臣蔵」といえば日本では年末の定番作だが、ハリウッドの一流スタッフと日米を代表する豪華キャストが総力を結集した「未体験の忠臣蔵」である本作で、今年を締めくくってみてはいかがだろう。【Movie Walker】