写真提供:マイナビニュース

写真拡大

しなの鉄道は、2014年夏導入予定の観光列車に乗務する客室乗務員(契約社員)の採用募集を行う。おもな職務内容は、観光列車車内での沿線観光地の案内、接客業務および飲食類提供、グッズ販売をはじめ車内サービス、本社での予約受付・データ整理など。

1日の勤務時間は8〜9時間(休憩時間を含む)で、1カ月単位のシフト制。賃金は時給制で、時給1,000円(試用期間6カ月間は900円)。別途通勤手当が支給される。採用日は2014年1月1日で、契約は1年単位となる。

応募期間は11月1〜18日(必着)。高卒以上で、土休日に働けることが応募条件となっている。詳しい応募方法は、しなの鉄道ウェブサイトにて確認できる。

しなの鉄道の観光列車は、同社の115系を改造した3両1編成で、2014年夏以降の土休日や夏休み・冬休み・年末年始期間などを中心に、軽井沢〜長野間を年間180日程度運行する予定。列車内の床や家具などに長野県産の木材をふんだんに使用し、子供やシニアを含めたファミリーがゆったりと過ごせるラウンジ風の空間にするという。

「列車自体が観光地」となることをめざし、列車内での食事には地域の食材を積極的に使用するほか、列車内に設けた地域PRコーナーで観光資源の宣伝や地域特産物の販売などを実施。季節に応じて駅に停車時間を設け、地域の観光資源などと連携したサービスも提供する計画だ。観光列車の運行開始を前に、2014年3月に料金を決定し、4月以降、予約を開始する予定。運行開始日などの詳細は今後発表されるとのこと。

(佐々木康弘)