米NSA局長 情報収集の正当性主張

ざっくり言うと

  • 米NSA局長は29日、NSAは法の範囲内で行動しているとして、活動の正当性を主張
  • 「非難を浴びながらも国家を守ることのほうが重要」と訴えた
  • 仏や伊などで市民の通話記録を傍受した事についても否定した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング