2009年10月12日、新疆ウイグル自治区のウルムチ市中級人民法院は、ウイグル暴動に関する裁判3件の判決を下した。ウイグル族の被告のうち6人が死刑、1人が無期懲役となった。写真はウルムチ市。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=36161">Record China

ウイグル族の敵対心高まる 中国

ざっくり言うと

  • 中国が最も危険視しているのが、分離独立運動がくすぶるウイグル族だ
  • 治安当局がウイグル族の集団を急襲し、射殺するケースも目立っている
  • 当局の鎮圧もエスカレートし、ウイグル族の敵対心は高まるばかりだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング