セバスチャン・ベッテル (2013年10月26日、撮影:DPPI/フォート・キシモト)

写真拡大 (全10枚)

F1世界選手権・第16戦、インド・グランプリ(GP)がニューデリー郊外で行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が優勝。今季10勝目を手に入れ、3人目の快挙となる総合4連覇を果たした。

ベッテルは、8月下旬のベルギーGPから6連勝の活躍ぶり。3戦を残して、年間王者に輝いた。

2位は、ニコ・ロズベルク(メルセデスAMG)、3位には、ロマン・グロージャン(ロータス)が入った。