スペインの若き貴公子マルク・マルケスのTシャツとヘルメットが物議 / Twitterで謝罪する事態に

写真拡大

2013年10月27日、オートバイの世界選手権(MotoGPクラス)第17戦が、栃木県のツインリンク茂木で開催された。今年初参戦のスペインの若手天才ライダー、マルク・マルケスが優勝すると思われたのだが、残念なことに結果は2位。

優勝は総合2位のホルヘ・ロレンソで、総合優勝の座は、最終戦のバレンシアGPで決定する。そんななか彼が着用していたTシャツとヘルメットが物議をかもしている。というのも、デザインされたイラストのひとつに、両手で目をつり上げたポーズをした人物が描かれていたのだ。一部から批判の声が上がり、彼はTwitter で謝罪する事態となった。

・日本GP のためだけに用意

このデザインは、日本GP のためだけに特別に用意されたものである。Twitter に投稿された画像を見ると、ヘルメットは白地に赤を用いて、まるで日の丸のように見える。彼が日本で走れることに喜びを感じていることが、よく伝わってくるのだが……。

・目をつり上げた人物のイラスト

問題は後部に描かれているというイラストだ。そのイラストと同じものが描かれたTシャツを着ているのだが、手でつり目にしている人物なのだ。彼は無邪気な笑顔を見せながら、このデザインについて「気に入ってもらえるかな?」と Twitter で尋ねた。

しかし一部から批判があることを知り、「大変申し訳ありませんでした。すべての日本人の仲間やファンのため、感謝の象徴としてこれをデザインさせたものです」と謝罪している。

・誰も意見しなかったのか?

とても特別な気持ちで日本GP を迎えてくれたのは、嬉しいことだ。だが、事前にこのデザインについて誰も意見をしなかったのだろうか。彼の好意さえ傷ついたのではないかと思うと、とても残念である。

参照元:Twitter @marcmarquez93


画像をもっと見る