丸井グループが10月29日、九州初の店舗を福岡に出店すると発表した。日本郵便が博多駅前の一等地に建設中の商業ビルにテナントとして入居予定。オープンは2016年春が予定されている。

丸井が九州初進出の画像を拡大

 九州初の丸井は、売り場面積が約1万4,000平方メートルで地上1階から地上7階まで8フロア構成。これまでの丸井の取り組みの集大成となる店づくりを進めていくといい、九州在住者から意見を汲み取りプライベート商品の開発にも注力する。

 150万人の人口を抱える福岡市は、九州全域やアジアからの外国人観光客の玄関口として集客力が高い九州最大の都市。エリアにはアミュプラザ博多や博多阪急、博多デイトスといった大型商業施設や地下街、専門店が集まり、電車1時間圏内の商圏人口は400万人を超える他、博多駅前地区は新幹線をはじめとするJRや市営地下鉄が乗り入れ、1日の乗降客数は約36万人にのぼる。2020年には地下鉄七隈線の延伸が計画されており、 さらなる集客力の向上が見込まれている。

■博多駅中央街SW計画(仮称)
 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1他(地番)
 ※事業者:日本郵便株式会社
 構造規模:地上鉄骨造、地下鉄筋コンクリート一部鉄骨鉄筋コンクリート造 地上11階 地下3階
(ただし建築基準法上は地上12階 地下4階)
 開店日:2016年(予定)