東北道、羽生PA(上り線)に池波正太郎「鬼平犯科帳」の世界が登場

写真拡大

NEXCO東日本は、東北自動車道(上り線)羽生パーキングエリア(PA)で整備を進めている「鬼平江戸処」を12月19日(木)午前10時に開業する。

【関連:池波正太郎ファン必見!羽生PAが「鬼平犯科帳ワールド」にリニューアル】

鬼平江戸処main


「鬼平江戸処」では、池波正太郎の小説「鬼平犯科帳」の主人公である鬼平こと長谷川平蔵宣以(のぶため)が生まれた1745年から、江戸の町人文化が隆盛を極めた文化・文政年間(1804年〜1829年)に焦点をあて、民俗学者の神崎宣武氏の監修・指導のもと、アートディレクターの相羽高徳氏のデザインにより、建物から小物に至るまで「本物」にこだわった江戸の空気感溢れる空間が再現される。
他には、従業員の所作やどこからか聞こえてくる物売りの声にもこだわり、訪れた人がまるで“江戸時代にタイムトリップ”したような体験を演出する。

食事処(フードコート)では軍鶏料理屋「五鉄」を再現したスペースで食事が楽しめたり、両国広小路のにぎわいを演出した一角の売店では、小説に登場する「目黒・桐谷の黒飴」などのオリジナル商品をはじめ、伝統的な工芸品や江戸老舗のお菓子、和雑貨などの商品が販売される。