写真提供:マイナビニュース

写真拡大

人気漫画の主人公「島耕作」による架空の民間会社「(株)おいでませ山口県」や、「美食王国やまぐち」の建国など、積極的な観光PRを展開する山口県。何だか面白そうだけど、実はまだ行ったことがない……。そんな読者もいるのでは? 今回は、そんな山口県出身のマイナビニュース会員23名に、山口県の魅力と地元事情を聞いてみた!

■山口県の地元自慢!

・「地震がわりと少ない、道路が広くてキレイ」(28歳女性/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

・「新幹線の駅が多い」(23歳男性/ソフトウェア/技術職)

・「ユニクロの本社が山口、いまだにユニクロ1年目に買った服を着続けています」(27歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「瀬戸内海と日本海の魚が両方食べられておいしい」(47歳男性/医療・福祉/専門職)

・「総理大臣がたくさん出ている」(26歳女性/学校・教育関連/専門職)

・「まったりとした観光地はとても多いです、ほとんどの市に観光名所があるのですが、その中でも萩や山口などは一日中楽しめます」(30歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「自然災害が少ないこと、特別暑くもなく寒くもなくとても住みやすい、田舎だけどすぐに大都市の福岡県にも広島県にも行けるのもいい」(26歳女性/情報・IT/事務系専門職)

■相性がいい・親しみを感じる都道府県は?

・「福岡県、特に自分は下関出身なので、天気予報は九州と一緒に表示されることが多いから」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「福岡県、福岡ダイエーホークスのファンが多い」(28歳女性/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

・「福岡県、特に北九州らへんは方言が似ているので親しみを感じます」(30歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「広島県、お隣なので簡単に遊びに行けて好き」(27歳女性/商社・卸/事務系専門職)

・「福岡県民を始め、九州の人たちとは相性がいいように思います」(30歳女性/小売店/販売職・サービス系)

■ずばり、ライバル県はどこ?

・「静岡県、山口=フグのイメージがあるが、静岡県もフグを押しているから」(29歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「愛媛県、瀬戸内海を挟んで似たような県力」(58歳男性/その他/その他)

・「広島県、中国地方は広島県しか目立たない」(28歳女性/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

・「島根県、田舎の度合いが似ているかなと思うから」(30歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「大阪府、向こうは相手にしていないがこっちは必死だから」(51歳男性/その他/クリエイティブ職)

・「会津(福島県)です、歴史的に微妙です」(36歳男性/通信/営業職)

・「福島県、『八重の桜』を複雑な心境で見ています」(26歳女性/その他/その他)

■絶対ここは外せないというスポットは?

・「赤間神宮」(50歳男性/電機/技術職)

・「錦帯橋、いろり山賊」(43歳男性/食品・飲料/クリエイティブ職)

・「湯本の温泉街」(27歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「川棚温泉の『瓦そば たかせ』に行ってほしい」(30歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「角島、エメラルドグリーンの海の上を橋が通る姿は本当に絶景!」(32歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「唐戸市場、おいしいお寿司が安く食べられる」(27歳女性/商社・卸/事務系専門職)

・「山口市にある瑠璃光寺、春夏秋冬どれもおすすめの風景が見られるから、夜はライトアップされていてきれい」(26歳女性/その他/その他)

■テッパン土産といえば?

・「外郎(ういろう)、試しに食べさせると名古屋の外郎よりはるかにおいしいと皆さん舌鼓」(30歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「巌流本舗の『長州の女』、しっとりとしたあんことバター香るスポンジがいい」(29歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「『利休さん』ミニサイズのおまんじゅうで、あんこが苦手な私でも食べられる」(26歳女性/情報・IT/事務系専門職()

・「『川棚饅頭』すごくおいしい、朝一番に寄るとほかほかの出来たてが買える」(26歳女性/その他/その他)

・「しそわかめのふりかけ、おいしいし手軽で好かれる」(27歳女性/商社・卸/事務系専門職)

・「『ふぐ煎餅』おいしいと喜ばれたことがある」(30歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「純米大吟醸『獺祭』、20年来のファンですが最近ちょっとメジャーになってきました、おいしい」(47歳男性/医療・福祉/専門職)

・「かまぼこ……海に囲まれてるので名産品です、安いけど宇部かまの『蒲さし』が私は大好きです」(46歳女性/その他/その他)

■総評

山口県の地元自慢で最も多かったのは「総理大臣の輩出数」だった。山口県は、安倍晋三氏(出生は東京都)や、菅直人氏(本籍地は岡山県)、佐藤栄作氏など計9人の首相を輩出している。そのため、山口県出身と言うと「頭が良さそう」と言われることもあるのだとか……。また、幕末から明治にかけて活躍した吉田松陰や木戸孝允らを輩出したことも、県民の自慢となっているようだ。

親しみを感じる県には「広島県」と「福岡県」を挙げた人が多かった。広島県は隣県なので遊びに行く機会が多いとのこと。福岡県も「近いから」というのが主な理由だったが、「方言が似ているので親しみを感じる」というコメントも寄せられた。ライバル県には、「島根県」「福島県」「広島県」などが挙げられた。会津(福島県)については、戊辰戦争で敵対し戦った歴史が今も影を落としているようだ。

絶対に外せないスポットは、日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」や、青い海が美しい「角島」など自然を堪能できるエリアが。お土産には、「豆子郎」という豆入りの「ういろう」や、郷土料理の「瓦そば」がお勧めとのこと。また、山口県と言えば下関市のフグが有名だが、「フグ刺し」や「フグ煎餅」もお勧めとのことだった。

3つの海に囲まれ、豊かな自然に恵まれた山口県。四季折々の魅力があるため、きっと何度も訪れたくなる場所だろう。

調査時期: 2013年6月24日〜2013年7月22日

調査対象: マイナビニュース会員

調査数: 山口県出身23名

調査方法: インターネットログイン式アンケート

(アリウープ)