<男子世界ランキング>
 最新男子世界ランキングが発表され、米国男子ツアー「CIMBクラシック」で25位タイに入った松山英樹が前週より1ランクアップの28位に浮上。自己ベストタイの順位となっている同大会でプレーオフを制し優勝したライアン・ムーア(米国)は45位から31位に順位を上げた。
 石川遼はオープンウイークで1つ順位を下げ113位。国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」で4年ぶりの優勝をつかんだ丸山大輔が619位から354位に大きく順位を上げた。
【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(12.56pt)
2位:アダム・スコット(8.94pt)
3位:フィル・ミケルソン(8.06pt)
4位:ヘンリク・ステンソン(8.02pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7.32pt)
6位:ローリー・マキロイ(6.81pt)
7位:スティーブ・ストリッカー(6.47pt)
8位:マット・クーチャー(6.40pt)
9位:ブラント・スネデカー(6.15pt)
10位:ジェイソン・ダフナー(5.71pt)
31位:ライアン・ムーア(3.45pt)
28位:松山英樹(3.70pt)
91位:小田孔明(1.70pt)
113位:石川遼(1.47pt)
120位:藤田寛之(1.42pt)
121位:片山晋呉(1.42pt)
354位:丸山大輔(0.52pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】日本オープンの惨状と全米プロの未来
【関連リンク】
美人ゴルファーを紹介!「今日の美ゴ女」
最新のギア情報&試打レポートをチェック