モスキーノが ″ファッション界の異端児″ ジェレミースコットをディレクターに起用

写真拡大

  「MOSCHINO(モスキーノ)が、クリエイティブディレクターにJeremy Scott(ジェレミー・スコット)を起用したことを発表した。2014年2月にミラノ・ファッション・ウィークで発表される2014-15年秋冬コレクションでデビューする。

モスキーノがジェレミースコットを起用の画像を拡大

 「MOSCHINO」は、1994年からクリエイティブディレクターを務めてきたRosella Jardini(ロッセラ・ヤルディーニ)の後任として、デザイナーJeremy Scottを抜擢。折衷でコンテンポラリーでありながら「MOSCHINO」のDNAを尊重し、ブランドの本質を再解釈できるとして起用したと発表している。

 Jeremy Scottはアメリカ生まれ。NYでファッションのキャリアをスタートし、自身の名前を関したブランドで1997年にパリで初めてのランウェイショーを開催した。アーティストの衣装や「adidas Originals(アディダス オリジナルス)」などとコラボレーションしており、独創的な作風から「ファッション界の Wild Child(野生児)」とも呼ばれている。