長野市のエムウエーブで10月25日から27日まで開催された、全日本スピードスケート距離別選手権。W杯第1戦から4戦までの代表選考を兼ねるこの大会、初日の1500mで従来の国内最高記録(1分58秒91/小平奈緒/2011年)を上回る1分58秒70を出し、菊池彩花(富士急)と田畑真紀(ダイチ)に次ぐ3位ながら、初のW杯出場を確実にして場内を驚かせたのは高木菜那(日本電産サンキョー)だった。

「先週のトライアルは股関節痛で出られなかったから不安もあって、すごく緊張しました。W杯に選ばれる5番以内に入れたらいいなと思っていたから、表彰台に上がれたのはビックリでした。ラスト1周は力んで足が止まったかなと思ったけど、狙っていた1分58秒台が出せてよかった」と笑顔を見せていた。

 その勢いは、そこだけで止まらなかった。2日目の女子3000mでは、初日の1500mの優勝者であり、バンクーバー五輪後からW杯に出場している実力者の菊池を相手にすばらしい滑りを見せる。中盤では1秒以上つけられていた差をジワジワと詰め、2200mから34秒台にラップを落とした菊池を33秒52、33秒34と一気に追い上げると最終周回で逆転し、4分10秒04で初優勝を飾ったのだ。

「ラストのラップを上げられたらいいなと思っていたけど、正直上げられる自信は無くて。でも同走の菊池さんがちょうどいいところにいてくれたから、ラスト2周が持ったのかなというのはあります。正直優勝できるとは思っていなかったけど、3000mも滑れるような力がついてきたということを自信にして、これからの練習につなげていきたい」と初優勝に驚きを隠せない様子だった。

 こんな活躍をみせた高木は、北海道帯広南商業高校から日本電産サンキョーに入って3年目の21歳。妹は中3でバンクーバー五輪に出場した高木美帆(日体大)だ。妹が身長163.5cmなのに対し、155cmの46.5kgとスケート選手の中でも小柄な姉。

 彼女を指導する今村俊明監督は、「今日の3000mは周りの調子が悪かったラッキーな優勝だけど、僕たちとしては昨日の1500mの方が期待していたんです。滑り自体は練習の方がいいし、まだ世界レベルからしたら下の方なのでこれから力をつけていかなければいけないが、今年の夏は苦しい練習も積極的にやるようになっていて、1年目や2年目よりも諦めない気持ちを継続できるようになったから、ひょっとしたら強くなるかなと思っていた」と表情を緩めた。

 その気持ちが強くなったひとつとして妹の存在がある。

 スケートだけでなく、趣味のダンスやサッカーもすべて自分が始めると、妹の美帆も続いて始めていた。いつも後ろについてきていたはずの妹が、スケートに関しては先に頭角を現し、五輪出場まで先に果たしてしまった。

「高校の時はすごく悔しくて、いつも自分の中で妹に負けていることを否定したくて泣いていた。でも去年くらいから『美帆は美帆だし、自分は自分』だと考えるようになって、ひとりの選手として妹のことを捉えられるようになりました。だから今は、妹で良かったなと思いますね。身近に速い選手がいるから、自分も絶対に負けないように頑張ろうという気持ちになれるし、時にはアドバイスももらえる。すごく仲がいいから一緒にご飯を食べに行ったり買い物に行ったりするけど、そういう時だけ妹になって『お姉ちゃん、これ買ってよ』なんていうんです」と笑う。

 なかなか成績を出せなかった去年まではネガティブになることもあったが、それを経験して今年は"どんな時でも笑顔でいよう"を、自分の中での決め事にしたという。そんな気持ちが練習にも諦めずに取り組む姿勢を育んだのだろう。

 そしてその成果が、最終日の1000mこそ妹に敗れたものの、1500mと3000mでは妹よりも好成績でW杯出場を果たすという結果につながった。そして、5位の3000mと4位の1000mで代表になった美帆とともに、姉妹でのW杯挑戦が決まった。

 チームに強い男子選手がいることも刺激になっている。特に長島圭一郎には、大会の前にこうした方がいいというアドバイスをもらったり、「たくさん考えて頭を使え。自分で考えてやるしかない」と言われたのが参考になったという。初めて出場するW杯では個人2種目だけでなくパシュートにも出場するが、「自分の身長で世界と戦うためには体力も必要だし、一歩で長く氷を押すことも必要。そのためにも体のすべてを使って滑れるようにしたい」と、次への課題も口にする。

 高校時代に彼女を指導をした帯広南商業の東出俊一監督は、「負けん気が強くて貪欲な選手だ」と評価しながらこう話す。

「練習をしているとたまにきつくて吐くような時もあるけど、女子の場合は『ちょっと休ませて下さい』という選手が多い。でもあの子は口を拭いてすぐにまたやるんです。そういう気持ちの強さが出たのは、妹がバンクーバー五輪に出たシーズンでしたね。2月に帯広であった全日本ジュニアの前に『美帆が頑張っているだけでいいのか?』と言うと、そこで総合2位になって世界ジュニアの代表になり、(美帆と)ふたりでパシュートに出て銀メダルを獲得したんです。ともにメインの種目は1500mだけど、ふたりで高めあって五輪に出て、また一緒にパシュートを滑ってもらいたいですね」

 自分を追い越していった妹を追いかけて力をつけてきた姉の菜那。高木姉妹の新たな競り合いは、これから世界へと舞台を移す。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi