沈没前の戦艦陸奥

写真拡大

JTB 中国四国松山支店は「あの時の『瀬戸内海・大和』クルーズ」の申込みを受け付けている。旧日本軍の戦艦「大和」の故郷・呉を出発し、最新鋭の艦艇が停泊する海上自衛隊基地、連合艦隊の停泊地「柱島」、そして日本海海戦の名参謀「秋山真之」生誕の地をクルーズ船で巡る「過去と現在が交差するタイムトラベルクルーズ」だ。

柱島では連合艦隊が停泊していた当時の映像を再現

出発地は広島県 呉市。戦前は東洋一といわれた軍港で、戦艦「大和」を建造した海軍工廠の街としても有名だ。明治22(1889)年に呉鎮守府、明治36(1903)年には呉海軍工廠が設置された歴史を待つ。

ツアーは大和ミュージアムからはじまる。呉海軍工廠造船部で戦艦大和の設計に携わった西畑作太郎氏から、当時の建造に関わる話を聞く。

その後、隣接する呉中央桟橋からクルーズ船に乗り込む。呉海上自衛隊基地や、戦艦大和の建設ドックを船上から見学したのち、柱島南西の沖合、周防大島と柱島諸島に囲まれた連合艦隊の柱島泊地へと向かう。柱島では連合艦隊が停泊していた当時の映像を再現する特別イベントがおこなわれる。その後、周防大島に上陸し、桂島泊地停泊中に爆沈した戦艦「陸奥」の戦没者慰霊のための「戦艦陸奥記念館」を訪問。当時の貴重な写真等をじっくり鑑賞する。

終点は「松山港」だ。松山宿泊コースに参加する場合は翌日、「秋山兄弟生誕地」「坂の上の雲ミュージアム」を巡り、日本海軍の名参謀・秋山真之の人物像に迫る。

出発日は2013年11月10日、11日。料金はコースにより1万2800円から2万1000円。