多くの女性誌が「モテ」をテーマに掲げるなか、「恋より楽しいことがある」というキャッチフレーズとともに、新潮社から創刊した女性カルチャー誌『Rola(ローラ)』がインターネットなどで話題を呼んでいます。同誌は、「好きなものにどん欲で、労力も投資も惜しまないアラサー世代の『肉食文系女子』」をターゲットに設定。先日発売された第二号では、「90年代の女子カルチャー」をメインに、「こどものおもちゃ」「ご近所物語」などの名作少女マンガを生み出したコミック誌「りぼん」をはじめ、「なかよし」や「ちゃお」などの人気マンガ家へのインタビューや、当時の付録などを掲載。このほか、「ロングバケーション」の脚本家・北川悦吏子さんへのインタビュー、音楽プロデューサー・小室哲哉氏と社会学者・古市憲寿氏による一万字におよぶ対談など、90年代のマンガ、ドラマ、JPOPに親しみのある人に向けた内容となっています。表紙は、「あまちゃん」で一躍人気を博した能年玲奈さん。また、写真家・ホンマタカシ氏による彼女のグラビアページや、クランクアップ後の独占インタビューなども。連載陣には、斬新なブログで注目を集める少年アヤちゃんや、「アラサーちゃん」で人気の漫画家・峰なゆかさんなど、旬なマンガ家や書き手をそろえています。今後は隔月で発行されるとのこと。男性向けカルチャー誌が多いなか、女性向けカルチャー誌は希少なジャンル。これから取り上げられる内容に、注目が集まりそうです。
『ROLa (ローラ) 2013年 11月号 [雑誌]』 著者: 出版社:新潮社 >>元の記事を見る

■ 関連記事・『となりのトトロ』のサツキが「グレず」に済んだ理由「あまちゃん」能年玲奈が主演 伝説的少女漫画『ホットロード』はどんな作品?「何のために生まれてきたの?」 やなせたかしさんの最期の言葉

■配信元
WEB本の雑誌