写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本・JR東海・JR西日本の3社は12月1日から、「Japanese Beauty Hokuriku」キャンペーンを共同で実施する。

同キャンペーンは、歴史的な名所・旧跡、温泉、味覚など観光資源の豊かな北陸の魅力をより深く味わってもらおうというもので、さまざまな期間限定特別企画を設けるほか、駅から観光地へのアクセスも強化。北陸までのJRと宿がセットになったお得な旅行プランや特別企画乗車券なども発売する。

また、それぞれの温泉地の特色ある魅力や、冬ならではの北陸の食、このキャンペーンでしか体験できない北陸の原風景など、北陸の「温泉」「食」「伝統」を満喫できる企画を用意。バス会社の協力により、北陸各地の名所を巡るバスも富山・和倉温泉・芦原温泉の各駅から特別運行する。予約不要で利用できる定額制のタクシー観光プラン「駅から観タクン」も、高岡、和倉温泉、七尾、羽咋、芦原温泉、福井、鯖江、武生、敦賀の各駅から利用できる。

○JR各社からお得な乗車券も発売!

JR東日本は、首都圏から北陸方面に向かうのにお得な「北陸フリー乗車券」を発売。福井・金沢・和倉温泉・富山・黒部などを含む北陸のフリーエリア内の快速・普通列車の普通車自由席が4日間乗り降り自由で、フリーエリアまでの往復(普通・快速列車の普通車自由席)がセットに。特急券などを購入すれば、新幹線および在来線特急列車も利用可能だ。

経路は上越線・北越急行線経由、または上越線・信越本線経由。価格は、東京都内発1万500円、大宮〜川口・戸田公園発1万100円(小児半額)。発売期間は2014年3月31日まで、利用期間は4月4日までとなっている。

JR東海からは、「世界遺産きっぷ(白川郷・五箇山)」「北陸観光☆友旅きっぷ」が発売される。「世界遺産きっぷ(白川郷・五箇山)」では、氷見・高岡・富山などを含む富山地区のフリーエリアのJR線普通列車(普通車自由席)と、富山ライトレール(富山駅北〜岩瀬浜間)、万葉線(高岡駅前〜越ノ潟間)が3日間乗降り自由に。名古屋地区からフリーエリアまでの往復には、L特急「(ワイドビュー)ひだ」「しらさぎ」の普通車指定席が利用できる。価格は1万4,500円(大人用のみ)。発売期間は11月1日から2014年3月29日まで、利用期間は12月1日から2014年3月31日までとなっている。

「北陸観光☆友旅きっぷ」では、敦賀・福井・金沢・和倉温泉・氷見・富山・黒部などを含む自由周遊区間の特急・急行・普通列車の普通車自由席が4日間乗降り自由に。名古屋市内・浜松・静岡から自由周遊区間までの往復には、新幹線またはL特急「しらさぎ」「(ワイドビュー)ひだ」の普通車指定席が利用できる。なお、2名以上同一行程の場合のみ購入可能。価格は名古屋市内発1万3,000円、浜松発1万5,000円、静岡発1万6,000円。発売期間は11月18日から2014年3月28日まで、利用期間は12月1日から2014年3月31日まで。

JR西日本は、福井〜直江津間などを含むフリーエリア内の特急・普通列車普通車自由席に3日間乗り放題で、フリーエリアまでの往復に特急「サンダーバード」(米原・草津発はL特急「しらさぎ」)を利用できる「北陸観光フリーきっぷ」の発売期間を、2014年3月28日まで延長。価格は普通車用で京都発1万3,000円、大阪発1万4,000円、神戸発1万5,000円など。グリーン車用設定もあるとのこと。ジパング倶楽部および「Club DISCOVER WEST」の会員は割引料金が適用される。

(佐々木康弘)