【動画】HYKE ワークウェアから着想した2014年春夏コレクション発表

写真拡大

 元「green(グリーン)」のデザイナーで活動を再開した吉原秀明と大出由紀子が立ち上げた新ブランド「HYKE(ハイク)」による2シーズン目の2014年春夏コレクションが発表された。インスピレーションソースは「WORK」。デビューシーズンに続き、今回も映像と画像での発表となった。

【動画】HYKE 2014年春夏コレクションの画像を拡大

 「HYKE」は、服飾の歴史や遺産を自らの感性で独自に進化させるという「HERITAGE AND EVOLUTION」をブランドコンセプトに、2013年秋冬シーズンに初のウィメンズコレクションを発表。続く2シーズン目の2014年春夏コレクションでは、アメリカやヨーロッパのワークウェアから歴史やデザインの変遷などを考察して分解し、独自の感性を加えて再構築しながらデザインされたという。ワークウェアの機能的なディテールが随所に施され、ドロップショルダーやテーパード気味のシルエットが特徴。カラーはモノトーンやカーキ、ブルーを基調に、森の写真からプリントを起こしたというリアルなカモフラージュ柄がポイントだ。映像も、森の中を歩くような世界観で撮影されている。

 今シーズンも、デニムやリブ編みのカットソーなどベーシックアイテムを引き続き展開。小物では、新たに「NEW ERA(ニューエラ)」のデニム製キャップが加わった。新作コレクションは、2014年1〜2月から取り扱い店舗で販売が予定されている。


■HYKE 2014年春夏コレクション全ルック
 http://www.fashionsnap.com/collection/hyke/2014ss/

■デザイナーインタビュー
 http://www.fashionsnap.com/inside/interview-hyke-designer/