写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井不動産は25日、埼玉県富士見市にて開発を推進しているリージョナル型ショッピングセンター「(仮称)ららぽーと富士見」に着工した。なお、同施設の開業は2015年春を予定している。

○テーマは、"人・モノ・文化が交差する新拠点〜CROSS PARK〜"

東武東上線エリア最大級の規模となる同施設は、約152,000m2の広大な敷地に、延床面積約185,000m2、店舗面積約80,000m2の4階建て(店舗部分は3階建て)の計画。店舗数は約300店、駐車場台数約4,600台を予定している。

同施設は、富士見市のシティゾーンに位置し、富士見川越バイパス(国道254号)に接している。周辺には、富士見市役所や市民文化会館(キラリ☆ふじみ)など公共施設も多数あり、多くの人々が集うエリアであることから、同施設のテーマを「人・モノ・文化が交差する新拠点〜CROSS PARK〜」とし、地域と共生する施設を目指すという。

敷地内には約8,800m2の公園を整備し、また地域と連携したイベントが開催できる屋外イベントスペース(約400m2)を設けるほか、バスやタクシーの発着場となる交通広場も設置。周辺地域の雨水処理にも対応可能な大容量の調整池(約62,800m3)も敷地内に整備する。

ファッション、雑貨、飲食、エンターテインメント施設など、話題性の高い店舗をそろえ、施設内各所に快適な休憩スペースやキッズゾーンを設ける。カップル、ヤングファミリーからアクティブシニアまで幅広い世代の利用者が、ショッピング、エンターテインメント、グルメなど様々な用途をワンストップで楽しめる施設となる。

デザインコンセプトは"Urban and Nature(都会と自然との接点)"。シティゾーンの都会的な雰囲気と周辺の豊かな自然を、施設デザインにも取り入れた。富士見川越バイパスに面する外観を5つのブロックに分け、南側はクールグレーを基調にアクセントとなる3色を取り入れたコンテンポラリーなデザイン、中央部分は当施設の向かいに広がるグリーンを表現する。

また、電気と熱を同時に発生させ、エネルギーを有効に活用する「コージェネレーションシステム」を導入。壁面緑化・屋上緑化、ソーラーパネルやEV充電ステーションを設置し、共用部の照明はLEDを採用するなど、「創・省・蓄」エネルギーの実現を目指すという。

同施設の所在地は、埼玉県富士見市山室一丁目1259番1他。竣工・開業は、2015年春を予定している。その他、詳細は同社ニュースリリースを参照のこと。

(エボル)