7年後、東京にやってくるのはオリンピックだけではない。障害者スポーツの祭典「パラリンピック」も同年に開催される。この大会の意義を深く理解するための様々な背景を解説しよう。

 パラリンピックに、いくつの競技があるかご存じだろうか。昨年のロンドン大会では20競技・503種目が行なわれた。ロンドン五輪は26競技・302種目だ。

 つまり五輪の金メダル数は302個だが、パラリンピックではその1.6倍超の503個が授与される。出場者数は五輪が約1万500人、パラリンピックが約4300人。ロンドン大会では、個人種目に出場したパラリンピアンの46%が表彰台にのぼった。

 相対的にメダルの価値が薄くなってしまうのには、致し方ない面もある。障害者が競技を行なう場合、障害の種類や程度が大きく影響する。そこでクラス分けが必要となってくるからだ。

 パラリンピックの公式サイトによると、男子100メートル走は15クラスに分かれており、各クラスの優勝者に金メダルが授与される。女子100メートル走は14クラス、五輪招致でプレゼンをした佐藤真海選手が参加する女子走り幅跳びは6クラスに分かれている。日本パラリンピック委員会の担当者がいう。

「競技にもよりますが、クラス分けの基準は、大きく視覚障害、知能障害、肢体障害に分かれている。特に肢体障害は細かく分類されます。単純に障害の度合いではなく、当該競技においてその障害がどの程度影響するかを専門家が判断し、クラスを決めるのです」

 その結果、選手層の厚いクラスと、そうでないクラスの差は大きくなる。たとえばロンドン・パラリンピックの女子1500メートル走のT20(知的障害)クラス。総出場選手は6人で、上位3人がメダルを獲得した。

 障害者スポーツを支えるNPO団体「STAND」代表理事で、『ようこそ、障害者スポーツへ〜パラリンピックを目指すアスリートたち』(廣済堂出版)の著者である伊藤数子氏がいう。

「選手間の平等を追求すれば、できるだけクラスを細分化したほうがいい。しかしそうすると競技者が少なく競技が成立しなかったり、メダルの価値が下がってしまう問題がある。オリンピックと同じ年・同じ場所で開催するようになってから、オリンピックと同じようにメダルに価値のある大会にしたいというジレンマと闘うことになりました」

 当然「平等性」と「メダルの価値」のどちらを優先するかという結論は簡単に出せるものではない。クラス分けをめぐる試行錯誤は永遠のテーマといえる。

※週刊ポスト2013年11月8・15日号