2003年に韓流ブームのきっかけとなったドラマ『冬のソナタ』が日本で放送されてからこの10年、日本のファンの心をつかんではなさないペ・ヨンジュン(41才)。しかし、いつしか彼自身は“ヨン様”というかごの中にかこわれていた。

 例えば新しいCM撮影の現場で、今までとは違う自分を見せたいと主張しても、「いつものヨン様スマイルで」と周りから求められ、最後はそれを受け入れてしまう。そんなことが幾度も繰り返され、彼はふさぎこんでいったという。

 あまりのつらさから精神科に通い、薬を処方してもらったこともあった。またストレスから顔の色、顔つきまで変わってしまったとも2006年、韓国のファッション誌『GQ KOREA』のインタビューで語っている。

 彼の不調は精神的なものだけではなかった。2007年、ドラマ『太王四神記』の撮影中にワイヤーでつられた共演俳優が首の上に落ちてくるという事故が起こり、彼は首と肩の靱帯を傷め、頸椎椎間板ヘルニアを患った。撮影後に手術を行ったものの、その後何度も再発し現在もリハビリ治療を行っている。2009年には、過労とストレスで免疫力が低下し、敗血症で緊急入院した。

「現代人なら誰もがうつ症状があるのではないか? 私だけではない」

 2010年、韓国メディアのインタビューの中で、決して深刻ではないが気持ちが空虚な状態にあったことを告白し、記者らから「うつ病なのか?」と聞かれ、そう答えたこともあった。

 昨今は俳優業から離れ、プロデュース業などでビジネス手腕を発揮しているヨン様は、そんな心と体をハワイで癒している。2012年末に現地でコーヒー専門店もオープンさせ、3か月にも及ぶ長期滞在をして休息をとっていた。

 そんななか迎えた韓流10周年だった。

「ヨンジュンさんへのオファーはずいぶん前から出していたんです。事前に、彼が来日すると告知できれば、イベントも大きな話題になっていたはずですから。でも彼自身がなかなか決断できなかったそうなんです。体調はすぐに戻りませんからね」(韓国ジャーナリスト)

 予告なし来日の理由は「戻らぬ体調」だけではなかった。

「日本との懸け橋になりたい」と公言してきた彼にとって、10年前に見ていた景色と今はずいぶん変わったことだろう。東方神起に次ぎ、少女時代やKARA、そしてチャン・グンソク(26才)らが牽引した第3次韓流ブーム(2010年頃〜)は空前の盛り上がりを見せ、新大久保は人気の観光スポットとなり、韓カレ(韓国人の彼氏)が流行ったり…。

 しかしそれも今年に入って「終焉」「沈静化」などと言われている。そこには日韓関係の緊張状態も少なからず関係しているといえよう。

「日本に行けば私は、政治家でもないのに自国を代弁して日韓関係に関する話もしなければならない」

 かつてヨン様はそんな発言をしたこともあった。その言葉は、韓流10周年という節目を迎えた今、さらに彼のなかで重荷になっていたことだろう。

「これまで韓国と日本の複雑な歴史の上で、ヨンジュンさんが韓国の国の代弁者のような発言を求められたことは何度もありました。彼は日本のファンの応援を強く感じているからこそ、自分の置かれている立場についてものすごく考えこんでしまったと思います」(前出・韓国ジャーナリスト)

※女性セブン2013年11月7日号