木梨憲武が10年ぶり声優意欲、迫力の映像見て「俺でいいの?」。

写真拡大

映画「ウォーキング with ダイナソー」の製作記者会見イベントが10月28日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、主人公・パッチの吹替声優を演じる木梨憲武、本作の応援団代表・ダイナソーこども大使に立候補した鈴木福くんらが登壇した。

本作は、「ディープ・ブルー」「―ライフいのちをつなぐ物語―」など、ネイチャードキュメンタリーに定評のあるBBC EARTHフィルムズが、科学的検証のもと、恐竜の子育てや大移動といった最新の発見の取り組みを取り入れ、これまでにない新たな“恐竜の世界”を再現。

さらに、「アバター」で使用された3D技術を駆使し、実写と最新のCG技術を組み合わせた映像により、まるで太古の地球に迷い込んだような感覚が味わえる。

今回10年ぶりの声優に挑戦する木梨は、「今日、初めて3Dで『ウォーキング with ダイナソー』の映像を観て、あまりの迫力に驚きました。これから主人公・パッチのキャラクターを自分の中で作り上げて、吹替に挑むのですが、ちょっとこの映像を目の当たりにして『俺でいいの?』って思ってしまいました(笑)。全世界同時公開の映画の声優に選ばれて光栄ですが、気を引き締めなおしてアフレコに挑みたいと思います」とコメント。

また、「10年前の『ファインディング・ニモ』の時は、魚の口の動きにセリフを合わせるのが大変だったんですが、今回はパッチが思っていること、心の声までも演じなければいけないんです。2週間後にはアフレコが始まりますので、現場で制作の皆さんと相談しながらトライしていきたいと思っています」と意欲を語った。

一方、福くんは「ぼくは恐竜が大好きで、今年も福井の博物館で化石発掘を体験したり、展示を見たりもしていたんです。大好きな恐竜がでるこの映画の『こども大使』になれて嬉しいです!今年はぼくにとって大恐竜イヤーになりそうです」と喜びいっぱい。3Dで観た「ウォーキング with ダイナソー」は「3Dで観ると、恐竜に触りたくなっちゃったり、逆に避けてしまいそうになります!すごい迫力でした」と興奮気味に語った。

映画「ウォーキング with ダイナソー」(配給:20世紀フォックス映画)は12月20日(金)、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー(3D/2D 吹替/字幕同時公開 ※一部劇場を除く)。