●これがプロレスだ!

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©ESE /世界でいちばん強くなりたい!製作委員会

<キャスト>
萩原さくら:竹達彩奈
宮澤エレナ:阿澄佳奈
豊田美咲:鳴海杏子
風間璃緒:戸松遥
福岡萌:金元寿子
真田朱里:花澤香菜
鈴元千夏:三森すずこ
小宮山紅亜:上坂すみれ
藤下香苗:佐藤利奈
菅野七海:大坪由佳
望月悠歩:伊藤美来
早瀬愛華:雨宮天
桐島真琴:喜多村英梨
ホーネット:徳井青空
ジャッカル東条:たかはし智秋
西原 涼:角川沙織
猪場 精一:立木文彦

●ストーリー
国民的アイドルグループ「Sweet Diva(スウィート ディーバ)」で、不動のセンターボーカルとして活躍する萩原さくら。アイドル界のトップに上り詰めた彼女が、新たな活動の舞台に選んだのは女子プロレスのリングだった!
大切な仲間・宮澤エレナへの想いと「Sweet Diva(スウィート ディーバ)」の誇りを守るため、プロレス団体「ベルセルク」のレスラーとしてリングに立つことを決めたさくら。そこは華々しい世界とはかけ離れた、女同士の真剣勝負の場所だった。
ライバルたちとの闘いの先にある、本当の強さをさくらは手にすることができるのか!
●オープニング
豊田美咲とのスパーリング、萩原さくらの仕掛けた技は次々と返されます。しかも豊田美咲は萩原さくらが最も苦手とする逆エビ固めを仕掛けますが…。

萩原さくら「痛い…、もう駄目だ。ギブアップです!」
豊田美咲「ギブアップなんて無いわ。これは試合じゃないしレフリーもいないわ。腰を折られたくなければ自分で抜け出すことね。」
萩原さくら「そんなっ!」


これは豊田美咲が50連敗中の萩原さくらに対して、毎回ギブアップの原因となっている逆エビ固めの返し方を身体で教えようとしているようです。もっとも返し方というよりは、彼女の逆エビ固めに対するトラウマを克服させるという意図のほうが強いようです。

萩原さくらはこの危機をどのように乗り越えるのでしょうか?
●これがプロレスよ
スポーツ新聞記者の藤下香苗が豊田美咲と萩原さくらのスパーリングを見にきますが…。

萩原さくら、未だに逆エビ固めから抜け出せていません。しかし、豊田美咲の助言のおかげで多少はコツを掴みかけたようですが…。

萩原さくら「痛いっ!もう駄目!」
豊田美咲「ギブアップなんて無いって言ってるでしょ!」


それから片エビ固めに移行した豊田美咲。萩原さくらはロープブレイクを狙いにいくものの、相当苦労している様子。しかし、遂に脱出しロープブレイクを取る事に成功!

豊田美咲「これがプロレスよ。相手の技を受けてこそプロレス。」

コツらしきものを掴んだ萩原さくら、退団は当分延期となりそうです。

※豊田美咲のシャワーシーン。おっぱ○に湯気が…。
●意味の違う負け
「Sweet Diva」47都道府県縦断コンサート、宮澤エレナが実質的なリーダーとして奮起していますが…。どうも彼女では萩原さくらよりはカリスマ性が落ちるようです。

一方、その萩原さくらは対小宮山紅亜戦で例によって逆エビ固めに嵌ってしまいますが…。

今回の萩原さくらは簡単にギブアップしません。小宮山紅亜が片エビ固めに移行したところで、必死にロープブレイクを狙おうとリングを這います。そして遂に、

萩原さくら「ロープ!」

ロープブレイクで脱出!小宮山紅亜はシュミット式バックブリーカー、ブレーンバスター、パワーボムと矢次早に仕掛け、萩原さくらはKO負け。

しかし、今までの負けとは全く意味が違います。

※今までの負けは全てギブアップ負け。

萩原さくら「私は勝ってみたい!」

そして彼女は豊田美咲への弟子入りを志願、

豊田美咲「私の練習は厳しいわよ。今から練習よ、萩原さん!」
萩原さくら「さくらで良いですよ。」

萩原さくら、初勝利なるか!

「世界でいちばん強くなりたい!」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第3話「豊田美咲、愛の鞭!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第2話「地獄の百発投げ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第1話「アイドルから女子プロレスラーへ!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「世界でいちばん強くなりたい!」TVアニメ公式Webサイト
「世界でいちばん強くなりたい!」AT-X公式Webサイト