写真提供:マイナビニュース

写真拡大

近畿日本鉄道は28日、観光特急「しまかぜ」の増備を発表した。2014年秋の運行開始をめざし、おもに京都〜賢島間での運行を検討している。投資額は約14億5,000万円。

新型車両50000系による観光特急「しまかぜ」は、今年3月21日から運行開始された。現在は2編成が大阪難波・近鉄名古屋〜賢島間で活躍している。水曜日以外はほぼ毎日運行されており、運行178日目の10月5日に乗車人員10万人を突破した。10月20日時点で、累計の乗車人員は10万7,521人。「毎日、ほぼ満席状態」(近鉄)だという。

デビュー以来の高い人気に加え、京都・奈良方面からの運行を要望する声も多いことから、「しまかぜ」を1編成(6両編成)増備し、来年秋の運行開始をめざすことになった。京都〜賢島間を運行する場合、所要時間は約2時間50分(京都駅10時0分頃発・賢島駅12時50分頃着、賢島駅14時50分頃発・京都駅17時40分頃着)で、途中停車駅は近鉄丹波橋駅、大和西大寺駅、大和八木駅、伊勢市駅、宇治山田駅、鳥羽駅、鵜方駅となる予定だ。

京都駅からの金額(大人運賃・特急料金・特別車両料金を含む)は、宇治山田駅まで4,520円、鳥羽駅まで4,780円、賢島駅まで5,420円。なお、これらの金額は現行のもので、2014年4月の消費税率引上げにともない、同社も運賃・料金の変更を予定している。その他、運行計画の詳細については、「決定次第お知らせします」とのこと。