三越伊勢丹と装苑、ファッションに特化したクラウドファンディング始動

写真拡大

 三越伊勢丹ホールディングスが、学校法人文化学園の文化出版局が発刊する雑誌「装苑」と共同でファッションに特化したクラウドファンディング「TOKYO DESIGN COMMIT」を始動した。10月28日に専用サイトを公開し、第1弾支援募集プロジェクトをスタート。若手デザイナーをはじめ、ファッション業界に関わるクリエイターらの活動や新規ビジネスを支援する。

三越伊勢丹と装苑がクラウドファンディングの画像を拡大

 「TOKYO DESIGN COMMIT」は、日本のファッションビジネスの中長期的な成長に貢献することを目的としたクラウドファンディングサイト。新鋭デザイナーを起用した伊勢丹新宿店の編集平場「解放区」などで次世代クリエーターの育成に注力してきた三越伊勢丹と、新人デザイナーの登竜門である「装苑賞」などを通じて若手デザイナーの発掘や支援に取り組んできた装苑が手を組んで始動した。ワンモアが運営するモール型クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」上に専用サイトを設け、三越伊勢丹と装苑が選定したデザイナーやクリエーターらのプロジェクト内容と目標金額を掲載。プロジェクトに共感した支援者はサイト上で各プロジェクトに出資し、支援金額が目標に達すると商品やサービスなどのリワードが届く仕組みだ。

 第1弾支援募集プロジェクトに参加するのは2ブランド。デザイナー手嶋幸弘が手がける「ユキヒーロープロレス」が東北の子供たちと一緒にコスチュームをデザインし、本物のプロレスラーにリングで着てもらうというプロジェクト「本物のヒーローのコスチュームを作ろう!」と、デザイナー後藤彩と八幡夏樹の「アーチェロ」によるファンイベント「アーチェロ館」の企画が選ばれた。第2弾として、11月28日にデザイナー山縣良和が推薦するクリエーター柳亜里が参加予定。その後も1〜2ヶ月に1プロジェクトが選定され、次世代クリエーターの育成や新規ビジネスの具現化を推進することでファッションが持つ可能性を広げる。

■TOKYO DESIGN COMMIT
 https://greenfunding.jp/tdc