「感覚を刺激する服」布をキャンバスに色と形で遊んだミントデザインズ<2014年春夏コレクション>

写真拡大

 デザイナー勝井北斗と八木奈央が手がける「mintdesigns(ミントデザインズ)」は、新作の2014年春夏コレクションで服作りの新しいアプローチを試みた。あえて「服をデザインしない」ことで、感覚を刺激するプロダクトを目指したという。ショーでは巨大な白いキャンバスをイメージさせるランウェイで、モデルが色とりどりの絵の具のように混じり合った。

布をキャンバスに色と形で遊んだミントデザインズの画像を拡大

 「mintdesigns」2014年春夏コレクションのテーマは「VERTIGO(=めまい)」。勝井北斗と八木奈央はテキスタイルや服作りの概念を捨て、白いキャンバスを前に絵の具や粘土を使って実験を重ね、そこから生まれた遊びや造形をデザインに取り入れたという。抽象絵画のように「色の層だけで柄を作る」という新しい試みは、マーブル模様や液体が飛び散ったようなドット柄のプリント、迷彩柄のジャカードといったテキスタイルに落とし込まれた。フィルム糸や光沢のある糸を織り込んで、色に光のベールをまとわせた織物もある。オリジナルのテキスタイルは全て日本製だが、触感に特徴がある発泡プリントや特殊な染料を垂らした製品プリントなど、これまでにない技術については職人とデザイナーが共に実験を重ねて作られた。

 服の構造は、四角いキャンバスをそのまま服に仕立てたように直線的かつシンプルで、テクスチャーや立体感が生かされた。「これまで見たことがない、思わず触ってみたくなるようなもの」を目指したという勝井北斗と八木奈央は、自由な感性による新しいアプローチを「野生的なデザイン」と表現している。

■mintdesigns 2014年春夏コレクション(映像・画像)
 http://www.fashionsnap.com/collection/mintdesigns/2014ss/