<FedExCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「CIMBクラシック」終了時点での最新FedExCupポイントランキングが発表された。同大会最終日にスコアを落とし25位タイに終わった松山英樹は前週の7位から10位にランクダウン。また今週オープンウィークとなった石川遼も前週の4位から6位にランクを下げている。
 その他、同大会でプレーオフを制し今季初優勝を挙げたライアン・ムーア(米国)が前週の30位から2位に浮上。開幕戦を制したジミー・ウォーカー(米国)が1位をキープしている。

【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(661pt)
2位:ライアン・ムーア(575pt)
3位:ウェブ・シンプソン(500pt)
4位:ビジェイ・シン(346pt)
5位:ゲーリー・ウッドランド(300pt)
6位:石川遼(293pt)
7位:ジェイソン・ボーン(274pt)
8位:チャールズ・ハウエル(216pt)
9位:ジェフ・オバートン(182pt)
10位:松山英樹(177pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>