左から、渕上舞、宮本佳那子、生天目仁美、寿美菜子、釘宮理恵。三段ウェディングケーキの中段にはドキドキ!五人組のフィギュアも。『映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』(東映)公開中!

写真拡大 (全2枚)

運ばれてくるウェディングケーキ。「わぁ〜!」「写真撮りたいっ!」「いい匂いする…」大はしゃぎする声優陣。ケーキを中央に、ドキドキ!プリキュアの五人がシャンパン(型のクラッカー)を掲げる。
「映画ドキドキ!プリキュア、初日!」
「おめでとう〜!!」
ぱーん!

『映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』初日舞台挨拶が、新宿バルト9で行われた。登壇したのは、生天目仁美(キュアハート/相田マナ)、寿美菜子(キュアダイヤモンド/菱川六花)、渕上舞(キュアロゼッタ/四葉ありす)、宮本佳那子(キュアソード/剣崎真琴)、釘宮理恵(キュアエース/円亜久里)。ドキドキ!プリキュアが総揃いだ。
ドキドキ!プリキュアのOP「Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア」に合わせて、声優陣とプリキュアが手をつないでやってくる。一人ずつおなじみの変身口上であいさつ。
「せっかくだからみんなでいくよ〜!」「うん!」「せーのっ」「響け、愛の鼓動! ドキドキ!プリキュア!」

『映画ドキドキ!プリキュア』は、ドキドキ!の五人にとって初めての単独映画(プリキュアシリーズの映画は、春は歴代のプリキュアが登場、秋はその年のプリキュアたちの映画になる)。

生天目 今回の映画は、多くの方に見ていただきたい。お子さんはもちろんなんですが、大人の方にもすごく響く映画だったんじゃないかなと思います。はじめて五人でそろってこの場にいられることがとても幸せです!
寿 『ドキドキ』が始まって、なんだかんだで半年以上。「待ちに待った!」といいますか、ついに劇場まで来ることができたんだなーと、感慨深いです。
渕上 前回参加したのはオールスターズ(『映画プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』)のとき。そのときは歴代の先輩がたに囲まれて、先輩がたの前でお芝居をしなきゃいけないっていうプレッシャーがすごかったんですけど、今回は自分たちのホームっていう安心感があって。良い緊張というか、ワクワクドキドキ、…ドキドキプリキュアだけにねっ。ドキドキしてます。
宮本 あっという間にここまで来てしまったんだなあ……胸のキュンキュンが止まりませんっ!
釘宮 私は参加できてすごく嬉しかったですし、「五人で一緒にできる」ってこと自体がとても嬉しくて、いまだに新鮮で…。だいぶ時間が経ってきて絆も深まってきて、……なんだろう、キュンキュンからの〜、ドキドキからの〜、…みたいな?(笑)毎回、ひとつひとつのイベントを楽しんでいる真っ最中です!

東京国際映画祭に初招待された『映画ドキドキ!プリキュア』(ワールドプレミアでは小さなお友達のブーケ争奪戦が)。10月17日のオープニングアライバルでは、五人とマシュー役の谷原章介がそろってグリーンカーペットを歩いた。

生天目 私は緊張しすぎて周りの声がなんにも聞こえなくって(笑)ほんとに水の中潜ってるような状態で…。みんなは?
釘宮 あのね、私ね、「歩くだけじゃん?」って思ってて(笑)でもいざ歩いてみたら、頭が真っ白になるくらい緊張した…。ねー、緊張しましたねー(エースに語りかける釘宮。はにかむエース)。
寿 ダイヤは全然緊張してなかったよね?「サインしてー」って言われたら、「じゃあ私がっ!」みたいに近寄っていって!(照れるように頭を抱えるダイヤモンド)頭いいキャラなのにね〜(笑)
渕上 ありすはお嬢様じゃないですか。すごくきらびやかなあの場で、おしゃれな格好をさせてもらって、なんだかまるで自分も、ありすじゃないですけど、お嬢様やお姫様になった気分で…みんなそうだったでしょ?
釘宮 舞ちゃんがダントツでぽーっとしてた!
寿 リアルありすだった!
宮本 グリーンカーペットだったから四葉家も落ち着いたんじゃないですか? グリーンが四つ葉の色で…
渕上 …あっ、そうですわね〜(ロゼッタとほわほわ目を合わせる)

プリキュアに出演すると、みんなキャラクターと同化してしまうという。後ろに控えるプリキュアと視線を交わしながら話す五人は、確かにドキドキ!の五人組だ。
映画では、マナがウェディングドレスをおばあちゃんから受け継ぐ。じゃあプリキュアに同化してしまっている声優陣はどうだったんだろう?

渕上 成人式のお着物を、母が成人式で着たものをもう一度仕立てなおしてもらって、私自身も成人式で着たりとか、母が父にプレゼントでもらったものを仕立て直して自分用にしてもらったりとか、けっこういろいろあるんですよー。
生天目 素敵だねー。私は、親の思いは受け継いだものがあるけど、物って形ではあんまりなくって…。
宮本 私にもそういう経験がある。お母さんが若いころに使ってたバックをもらったんですよ。何十年前のお母さんが、私たちと同い年くらいのときに、どんなふうに使ってたんだろう? とか思うとちょっとわくわくしませんか? これ持ってお父さんとデートしたのかな、とか。
寿 いい子だね〜、かなこ氏〜。
宮本 ありがとっ。

最後に、五人からあいさつ。

釘宮 私たち五人が勢揃いしているこの劇場版を、記念に何度も見ていただけると…助かりますね(笑)あと、おもちゃとかも、小さいお友達がいる方はぜひプレゼントなんかに…あっお店の人の宣伝みたいになっちゃった〜!
宮本 十年目のプリキュアということで、私たちもついにここまで来てしまったわけですけど…。プリキュアの愛は永遠不滅なので、これからも劇場の方でドキドキプリキュアに会いに来ていただいたり、テレビの方でも応援していただけると嬉しいです!
渕上 今回の劇場版はとても心あたたまる作品になっているので、たくさんの愛を私たちのほうから渡せていたら嬉しいなと思います。テレビの方でもクライマックスに入ってくるので、これからもお見逃しないように見ていただければ。ロゼッタは最初防御専門だったんですけど、私もね、戦いたかったんですよ! 「戦いたい、戦いたい」と言っていたら、…戦ってましたね! そういうキャラクターの成長も嬉しいです。
寿 ドキドキプリキュアは愛をテーマに始まって、映画ではどういうふうに作るんだろう? と想像していたんですけど、「これがドキドキプリキュアの愛なんだなあ」って、すごく納得させられる作品になりました。劇場でもっともっとたくさんの愛、受け取ってください!
生天目 前の映画は『NewStage2』で、そこでドキドキ!チームは本当に新人だったんですけれども、約十ヶ月…マナたちと一緒に過ごしてきて…(言葉につまり、目がうるっとする。生天目にわぁ〜っと近寄る四人)…泣かないよ! まだ涙は早いんだ!
宮本 みんながいるよ。
生天目 そうだよねっ。この、十年目という節目の年で、たくさんのイベントにも参加させていただいて、本当に本当に幸せですっ。この映画の中には、プリキュアの愛、マナの愛情がたくさんつまっていると思います。ぜひ何度も見ていただいて、お友達にも、面白かったよ、よかったよって話をしていただければとても嬉しいです!

声優陣が語る通り、『映画ドキドキ!プリキュア』は何回も見て欲しい映画。二回目からは受ける印象も変わる。複数回見るさいのポイントは、「二回目はベベルに注目してもらって、三回目はマシューに注目してもらって、四回目にはソードのほうに注目を…」(宮本)。
映画が終わったあとの予告映像も見逃せない!『NewStage3 永遠のともだち』が3月15日公開と発表された。「ラストステージ」と銘打たれた『NewStage3』で、ドキドキ!の五人はどんなチームワークを見せるんだろうか?
エキレビ!では11月1日に伊藤監督のインタビュー後編も掲載予定。胸のキュンキュン、止まらないよ〜っ!
(青柳美帆子)