この勝利で森田との差を一気に詰めた横峯さくら(撮影:ALBA)

写真拡大

<マスターズGCレディース 最終日◇27日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,445ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「マスターズGCレディース」の最終日。2位に5打差をつけてトータル11アンダーの単独首位からスタートした横峯さくらが4バーディ・3ボギーの“71”でスコアを1つ伸ばし、トータル12アンダーで逃げ切り優勝を飾った。横峯は今季3勝目で獲得賞金も1億円を突破。森田理香子との賞金額も約380万円差まで縮め、残り5試合での逆転賞金女王をグッと引き寄せた。

 数字を見れば圧勝だが苦しい一日だった。「今日は1番ホールから緊張していて、本当に5打差あってよかったという感じ」という言葉通り、1番のティショットはいきなり右に大きく曲げるミス。これまで何度も経験してきた優勝争いだが、「今回は1番から緊張しているのを受け入れながらプレーするという、また違った1日だった」と新たな挑戦への緊張感に包まれてティオフした。
 だが、8月から帯同している森川陽太郎メンタルトレーナーから前日に「明日は全部パーのつもりでいいよ。バーディ獲れたら貯金だと思って、ボギー打っても慌てないように」とアドバイスを受けて、緊張感の中でも落ち着いた精神状態でプレー。5番でボギーが先行するも、「ヘッドアップしないように」といつものチェックポイントを冷静に見直して6番、7番と連続バーディ。落ち着きを取り戻した。
 15番を迎えた時点ではアン・ソンジュ(韓国)に2打差まで詰め寄られたが、「いつもなら“2打差だ”と思ってしまうけど、今回は例え追いつかれても18番を迎えたところで1打でも勝っていればいいというスタンスでやっていた」と最後まで心に波を作ることなくプレー。最終ホールはボギーとしたのはご愛嬌だが盤石の逃げ切りだった。
 この勝利によって逆転女王の可能性が高まってきた横峯だが、報道陣から森田に約380万円差に詰め寄ったことを聞かされても「へーそーなんですね。景気のいい話で(笑)」とまるで他人事。「今は若い子に任せればいいかなという感じ。私は自分のスタイルでプレーできれば」と、最後まで2度目の女王戴冠に関心を見せることはなかった。
 それでも、今年からは試合後に必ず整体院に通って長年のプレーによってゆがんだ体のケアをするなど、これまではしてこなかったコンディショニングにも気をはらうようになった。試合中の心の動きもメンタルトレーニングにより管理するなどゴルフに対する姿勢が実を結んだ優勝。ゴルファーとしての円熟期を迎えた横峯は力強く頂点へ突き進んでいく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
さくら、独走5打差首位!「OKラインを下げる」メンタルコントロール
桃子、5位タイに後退も「攻めるだけ」
「CIMBクラシック」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング