<マスターズGCレディース 最終日◇27日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,445ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「マスターズGCレディース」の最終日。前日“63”と自己ベストタイでラウンドし単独首位に立った横峯さくらがこの日前半を2バーディ・1ボギーでラウンド。1つ伸ばし通算12アンダーで依然2位と5打差の単独首位をキープ、後半へ向かった。
 その横峯と5打差の通算7アンダー2位タイには韓国のアン・ソンジュと中国のフォン・シャンシャンが並び、続く通算6アンダー4位タイには上田桃子、フェービー・ヤオ(台湾)の2人がつけている。さらに通算5アンダー6位タイにイ・ボミ(韓国)、成田美寿々の2人が続く。
 また、初日首位に立った森田理香子は前半1バーディ・3ボギー・1ダブルボギーと大崩れ、4つ落とし通算イーブンパーで22位タイに後退した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
さくら、独走5打差首位!「OKラインを下げる」メンタルコントロール
「マスターズGCレディース」のLIVE PHOTEでチェック!
「CIMBクラシック」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング