名機「YP250」をコンパクトに

写真拡大

ヤマハ発動機は2013年10月30日、新開発の155ccエンジンを搭載した軽二輪スクーター「マジェスティS XC155」を発売する。

新開発の155ccエンジン

1995年の初代モデルから現在に至るまで、ビッグスクーターとして高い支持を得てきた「マジェスティ YP250」の走行性能とデザインを受け継ぎ、都市部で扱いやすいようにコンパクトに仕上げた。

新開発の155ccエンジンは水冷・4ストローク・FIのCVTエンジン。出力の扱いやすさ、幅広いトルク特性、そして加速の良さが特長。

ユニットスイングには「プログレッシブピボットマウント」という、現行の「マジェスティ YP250」と同じ構造を採用し、「ダイレクト感のある操縦性を感じられる」。

シート下のスペースはとても広く、フルフェイスのヘルメットを入れてもまだ雨具などを入れる余地がある。

「Advance Sporty Deluxe」というデザインコンセプトを掲げ、流れるようなボディライン、スポーティな大型ヘッドランプ、抑揚のあるコンパクトなリアボディに仕上げた。希望小売価格は34万200円。