コントロールプラス株式会社創業者の村田マリさん

写真拡大

この連載では個人に焦点をあててシンガポールの最新事情を解説してきましたが、ここまで取材した人物は全て男性でした。今回はシンガポールに移住した女性起業家を紹介します。

サイバーエージェントの新卒一期生として活躍

 村田マリさんは、自身が起業したコントロールプラス株式会社で展開していたソーシャルゲーム事業などを昨年に売却後、お子さんと共にシンガポールに移住しています。今回の取材では起業のことに加えて、女性経営者ならではといえる子育てと企業経営の両立などのトピックについて色々と話を伺いました。

 シンガポールへの移住も、子育てのし易さや英語・中国語のカリキュラムなどグローバルな教育環境、共働き世代を取り巻くサポート体制の充実が主な要因だったようです。シンガポールでの村田さんの生活ぶりについては次回で詳しく紹介しますので、まずは村田さんがどのような経緯で起業に至って、事業を売却することを決断したのかに焦点を当てます。

 村田さんは早稲田大学に入学した時に1人暮らしを始めたタイミングで購入したPCを、独学でどんどん使いこなすようになり、大学2年生の時には音楽のコミュニティサイトやインディーズバンドのWebサイトの作成を請け負うようになります。在籍していた学部は文系でしたが、昔から凝り性だったことが奏功したと本人は話しています。

 学年が進むにつれ、ソニー・ミュージックエンターテインメントやUSENなどの大手企業からも仕事を請け負うようになり、こうした仕事を通じてITベンチャーに関心を持つようになります。2000年4月にサイバーエージェントの新卒一期生として入社し、主に新規事業開発を担当します。動画配信やメルマガプラットフォームの提供、Webサイト制作サービスなど在籍していた4年弱の間に6つの新規事業の立ち上げに関わりました。

 サイバーエージェントを退社後に、26歳で起業。Webの受託製作とメディア事業を中心として、2年後には20人近くのスタッフを擁するまでに急成長します。しかし、2006年のライブドアショック以降、ITベンチャー業界全体の低迷もあり、事業は伸び悩むようになります。

 そうした中、若手起業家たちが企画した中国のSNSやソーシャルゲーム企業を訪問する視察ツアーに参加したことが、事業方針を大きく変えるきっかけとなります。中国を訪問した2009年当時は、アメリカではフェイスブックが、中国では人人網(レンレン)などのSNSが若者へのインターネット普及とともに爆発的な成長を遂げ、SNS上で楽しめるソーシャルゲームのマーケットも急速に立ち上がりつつありました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)